dc01.jpg


ダンスシューズ選びを間違えると、上手く踊れなかったり、上達の弊害になったりと、ダンスパフォーマンスに大きく影響します。



サッカー選手がスパイクに徹底的に拘るように、ダンスもどんな靴を履くのかは非常に重要です。



思うようにダンスが上手くならない人は、もしかしたら履いているシューズが原因かもしれません。



ここでは、正しいダンスシューズ選びのポイントや、ダンスをやるなら知っていて当たり前!の定番スニーカーに注目して、メーカー別の特徴やダンス向けシューズを紹介します!



ダンスの練習着やスクールでのレッスン着で迷っている方はこちら
>>何でもアリじゃない!ダンスの定番&おしゃれな練習着



ダンスに使う靴とは?



dc1-2.png


ダンスは基本的にスポーツシューズをダンス用として使います。



ダンスによく使われる定番のシューズはありますが、何をもって踊りやすいとするのかは結局のところ個人差があるので、一概に●●のメーカーのシューズが良い!とは言えません。



しかし、ダンスに向き不向きのシューズはいくつかあるので注意点を挙げていきますね!



キッズのダンスシューズ選びや人気シューズはこちら
>>安くて本格的!キッズダンスシューズの選び方&人気ブランド



ダンスシューズ選びの注意点



dc1-1.jpg


ハイカットよりはローカット



dc1-4.jpg


くるぶしが隠れるハイカットやミディアムカット(上記画像)は、足首を保護してくれる反面、足が固定されるので不自由さを感じます。


履き慣れてしまえば気にならないですけど、最初は違和感を感じるでしょう。


ダンサーやアーティストがティンバーランドやハイカットのゴツいスニーカーで踊っているのを見ますが、プロでも踊りにくく、ダンスを始めたばかりの初心者には向きません。(^o^;)


カッコよさなら間違いなくハイカットですが、ローカットの方が足が楽です。



滑り止め付きに注意



バレーボールのような室内シューズによくある「キュッ」と音が鳴る滑り止め付きのシューズはダンスに向きません。


程よいグリップの利きは大切ですが、滑り止めがあるとグリップが利きすぎてスライドのように足を床に滑らせるステップやターンなどで足が引っかかってしまい、怪我のもとや上達の弊害になります。


僕がダンスを始めて間もない頃に練習(室内でのダンス練習)で使っていたのが、靴底に茶色い滑り止めが付いたシューズでした。
(バレーボールに使うようなシューズです)



こんな感じ↓




動きづらいな〜と感じながらも無理やり踊ってましたけど、急に動きか止まったり変に力が入って大変でした。


ダンスに不向きのシューズ(寧ろ使っちゃダメ)とは気付かず、半年近くは使っていたので無知とは恐ろしいですね。(^o^;)



ランニングシューズは△



dc1-05.jpg


ダンスは前後左右だけでなく、爪先やカカトをひねるなど複雑な動きが多く、その動作に耐える耐久性が必要です。


ある程度、靴底(ソール)の厚さや爪先の固さなどもダンスシューズ選びの大切なポイントです。


ランニングシューズは走ることを目的としているので、靴底が薄かったり爪先がめくれやすくなります。


全てのランニングシューズがダメ!とゆうわけじゃないですが、基本的にダンス独特の動きには向きません。



ヒールマークに要注意



ダンスシューズ選びは機能性の問題もありますが、ヒールマーク(靴の擦り跡)が付いてしまうシューズがあるので要注意!



ヒールマーク
heel.png


ヒールマークはダンススクールや施設(体育館や公民館など)の管理者にとってとっては死活問題なので、使用禁止になっていることがあります。


実際に履いてみないとわからない部分がありますが、色がつきにくいソール(底)が白のシューズを選んだり、あまり知られていないメーカーや安すぎるシューズは避けましょう。


また、ダンス向け!と謳うシューズが増えていますが、ヒールマークが付いてしまったりダンス向けだからといって踊りやすいとは限りません。



練習場所で選ぶ



dc1-9.png


ダンスシューズ選びはどこで練習するのか、室内か野外なのか練習場所を考慮する必要があります。


野外ならスニーカーが痛みやすいので耐久性のあるもの、ダンススクールや体育館など、室内で練習する場合はヒールマークに気を付けないといけません。


先述したように、室内ならヒールマークが目立ちにくい白のスニーカーを選んだり、大手シューズメーカーならひとまず安心です。



ダンスと相性がいいのはコート系スポーツのシューズ



dc1-8.jpg


ダンスに向いているのは、コート系スポーツシューズです。



ランニングシューズは走ったり歩くための靴なので、前へ進むこと以外を想定して作られていません。



ダンスは複雑な動きが多いので、ランニングシューズをダンス用として履くと耐久性や使用感にやや難があります。



実際にランニングシューズを履いて踊ると実感できると思いますが、横の動きに弱いので、しっかり踏み込むことができないんですよね。



コート系スポーツシューズは、テニス、バスケットボールのスニーカーが最適!



瞬発的だったり変則的な動きなどダンスと似た動作が多く、機能性や耐久性ともに抜群なのです!



ただ、室内スポーツ(バスケットシューズやフットサル)はグリップが利きすぎて滑らかに動けないこともあるので、コート系スポーツシューズならなんでもok!ということではありません。



滑り止めがないか、履き地や床との相性をチェックしましょう。



また、バスケットボールなどのスニーカーはちょっとゴツいです。



そのゴツさが動きに重みが出てカッコイイんですが、それが苦手な人もいると思います。



下記では軽量+耐久性抜群なダンス向けシューズも紹介しているので参考にしてくださいね!



メーカー別!ダンサーも使う人気のダンスシューズ



ヒップホップダンスで人気の定番シューズや、評判の高い踊りやすいシューズをご紹介!


オススメのダンスシューズは、室内でも野外でも使えます。

どんな練習着にでも合うように、また、ヒールマークを考慮してホワイトベースのシンプルなスニーカーが中心ですが、野外でも目立つオシャレなスニーカーも紹介しているので参考にしてくださいね!



ナイキ/Nike



■ ナイキの特徴

ナイキは品質面で世界トップクラスのスニーカーとして定評があります。

最も特徴的なのは、クッション性の高さ!AIR(エア)という衝撃を吸収するクッション機能を初めて搭載し、代表的なのはエアフォース、エアマックスなどがあります。エアフォース 1はスニーカー界における永久不変の定番!

こういった人気モデルは実に種類が多く、他社とコラボしたスニーカーや、時代にあったトレンドを意識したデザインが豊富で、ファッション性の高さも評価されています。



【AIR FORCE1/エアフォース1】


ダンスと言えば、ナイキのエアフォースワンは欠かせません!
ホワイトは定番モデルですが、様々なデザインがあります。エアフォースワンは見た目がゴツいので、特にハイカットはいかにもダンサーっぽいですね。重量感があり躍りに重さがでますよ!
機能面が高くダンスのように激しい動きに耐える丈夫な構造です。僕もよくダンスやオシャレとして履いてました!


>>ダンスのど定番!エアフォース 1の詳細はこちら



【AIR FORCE1 07 QS/エアフォース1クイックストライク】


定番のエアフォース1のニューモデル!LOGO PACKやLOGO PRINTと呼ばれています。ナイキロゴを全体に散りばめた、ストリート映えするデザイン!レッドはかなり目立ちますが、ホワイトやブラックもあるので服に合わせやすいですよ。


>>エアフォース1クイックストライクの詳細はこちら



【AIR MAX/エアマックス90(エッセンシャル)】


エアマックスシリーズで根強い人気があります。
爪先に重心が乗りやすく、軽量設計で動きやすいのが特徴!
サイズやデザインなど、レディース展開が豊富なので女性にも人気があります。


>>バリエーション豊富!エアマックス90の詳細はこちら



【NIKE AIR MAX 90 LTR GS/エアマックス90レザーガールズモデル】


アスリートをはじめとした世界中のファンから愛される人気モデルNIKE AIR MAX 90(エアマックス90)のガールズモデル!レザー仕様でブラックとレッドのカラーがアクセントになったコーディネートに取り入れ易い一足!


>>エアマックス90ガールズモデルの詳細はこちら



エアフォース1はソールが厚く、丈夫な造りで十分な耐久性を持っています。
今でも人気の高いスニーカーです!

重めが好きな人はエアフォース1、軽さなどの機能面を重視するならクッション性が高いエアマックスがいいですよ!



アディダス/adidas



■ アディダスの特徴

世界的に有名なドイツのメーカー!機能性やブランドロゴのデザインから世界中で人気あります。

アディダスはスーパースターやスタンスミスなど、数々の名品があり、ヒップホップカルチャーを有名にしたRUN DMCが愛用していることでも有名です。

シンプルで、どんなファッションにも合うスニーカーが多く、コーディネートの邪魔をしません。

アディダスのシンボルになっている3本のバンテージはスリーストライプラインと呼ばれ、スニーカー補強の役割があります。色の組み合わせによっていろいろなバリエーションをもたせています。



【SUPER STAR/スーパースター】


スーパースターは1980年代にRUN DMCが着用し、大ブームを巻き起こした歴史的スニーカーです。
丈夫で安定感があり、一見軽そうに見えますが結構ずっしりしていて少し重たく感じます。


>>普及の名作!スーパースターの詳細はこちら



【SUPER STAR FOUNDATION/スーパースターファンデーション)】


スーパースターのウィメンズモデル!(レディースサイズ)ピンクのラインがオシャレでカワイイですね!ピンクはけっこう希少です。


>>ウィメンズ スーパースターのの詳細はこちら



【STAN SMITH/スタンスミス】


スタンスミスはシンプルなデザインで、タウンシューズ(普段履き)として定着していますが、もともとは由緒あるテニスシューズです。
ダンスと相性がよく、程よい重さで踊りやすいです。


>>機能性抜群!スタンスミスの詳細はこちら



【STAN SMITH W/スタンスミス ウィメンズ】


ヒールにクラック加工された特徴的なデザイン!こちらはウィメンズの限定モデルです。


>>海外限定モデルのスタンスミスの詳細はこちら



スーパースターはダンスと歴史的に深い繋がりがあり、好んで履くダンサーも多いです。


スタンスミスはエアフォースワンのようなゴツさはないですが、造りが丈夫でより軽くしたような感じなので足運びが楽です。



リーボック/Reebok



■ リーボックの特徴

リーボックといえば、アッパーに空気をいれる独創的な機能ポンプシステムがあり、空気を注入して空気のの圧力でフィッティングが調整できます。

ランニングシューズやバスケットシューズなど、さまざまなスニーカーに応用されており、高い人気があります。

インスタポンプフューリーは最も代表的なモデルであり、ポンプオムニライトやジグテックなど、ハイテク機能スニーカーを次々に打ち出しているメーカーです。

ここではハイテク機能ではなくダンス向けのスニーカーを紹介します。



【GL6000】


リーボックはクッション性やフィット感が高く丈夫です。
GL6000は、ストリートダンサーがオリジナルカラーで製作するコラボ企画「YourReebok × TOP Street Dancer」でも使用されています。GL6000を現代風にアップデートさせたGL 6000 PTもあります。


>>超軽量!GL 6000の詳細はこちら



【CLUB C 85 SO】


1985年に登場した名作のCLUB Cはテニス用のコートシューズです!
続々とCLUB Cの新デザインが発売され、ストリート系ファッションでも人気があります。
CLUB C 85 SO以外にもウィメンズモデル、ユニセックスモデル、イースターモデル(テニスボールを散りばめたユニークなデザイン)など、いろいろなモデルがあります。


>>注目のコート系シューズ!CLUB C 85 SOの詳細はこちら



プーマ/PUMA



■ プーマの特徴

アディダスを作った兄弟が分裂し、実兄が「プーマ」を作ったという話は有名だと思います。

プーマは、躍動するプーマ(ピューマ)のロゴと、フォームストライプと呼ばれるサイドのラインが特徴的!

スポーツの目的に合わせた機能性のあるシューズが豊富で、コストパフォーマンスも非常に優れています。

ファッションデザイナーとスポーツブランドのコラボの先駆けで、ファッション性も秀逸!斬新なデザインが多いです。



【SUEDE CLASSIC/スウェード クラシック】


B-BOY、B-GIRL(ブレイクダンス)には馴染みの深い、歴史あるスニーカーです。
程よいクッション性とグリップ性があり、ブレイクダンスだけでなくヒップホップやハウスのダンサーなど、幅広く愛用されています!
デザインが豊富でスニーカー好きからも人気がありますね。


>>デザイン豊富!スウェードの詳細はこちら



【SUEDE CLASSIC WMNS /スウエードクラシック ウィメンズ】


パステルカラーを全面に採用!スウエードのウィメンズモデルですが、残りはレディースサイズのみ!


>>ウィメンズモデル!スウエードクラシックの詳細はこちら



【Suede Classic Bboy Fabulous/スウエードクラシック ビーボーイ ファボラス】


プーマスウエードの生誕50周年記念モデル!B-BOYにフォーカスを当て、ダンスでの激しい動きに最適なグリップ力に優れたソールを採用!ゴールドのネームプレートがプレミアム感があってオシャレですね!


>>スウエードクラシックの詳細はこちら



【CLYDE/クライド】


クライドはスウェードをベースに、NBA選手のウォルト・クライド・フレイジャーのモデルとして登場しました。
爪先がやや細めで履いたときに足元をシャープに魅せます。


>>レトロな雰囲気!クライドの詳細はこちら



ダンスシューズ選びで迷ったら?



dc1-7.jpg


ダンスシューズ選びは、ダンス独特の動きに耐える耐久性や安定性などを考慮する必要がありますが、なんといってもあなたが動きやすい靴を選ぶことが最も大切!



僕はどちらかといえば軽めが好きなので、軽量とフィット感を重視してエアマックスやスタンスミス、リーボックのスニーカーで踊っていました。



もし、ダンスシューズ選びで迷ったら、ナイキ、ミズノ、アシックス、プーマ、アディダス、リーボックなど、信頼のある大手スポーツメーカーのシューズなら安くても失敗しません。



ただし、ストリートダンスに関しては、上記に挙げた同じスポーツメーカーでも、アシックスやミズノを履いている人がほとんどいないので少し浮いたり物珍しい目で見られます。(笑)



気にならない人はいいんですが、ダンス的なスニーカーを履くなら定番のナイキとアディダスがオススメ!
このどれかを選べば間違いなし!(^^)v



サイズ選びはジャストから0.5cmアップが目安



dc1-8.jpg


ダンスシューズのサイズ選びは、足の形(甲高、幅広など)や、メーカー、同じメーカーでもスニーカーのモデルによって微妙に変わります。



ナイキ、アディダス、プーマあたりは小さめの作りなので、僕は基本的に0.5cm大きめのサイズを選んでいます。
※ジャストサイズが26cmなら26.5cmを選ぶ



サイズ選びは「足に余裕があった方がいい」「ピッタリがいい」などの好みの問題もありますが、特に長時間ダンス練習する時は、ジャストサイズだと足が疲れたり痛くなるので、基本的に0.5cm大きめのサイズを履いていました。



練習用(普段履き)と本番用に、サイズ違いの同じ靴を持っているのはダンサーあるあるだったりします。(^^)



ダンスシューズは実際に試着するのが一番ですが、ネット通販だとレビューが沢山あるので、サイズ感を知るのに参考になりますよ!



返品&交換対応可能!
>>レビュー多数!スニーカーショップはこちら



まとめ



ダンスシューズは似た動きが多いバスケットやテニスシューズを使う人が多く、紹介したエアフォースワン(バスケ)やスタンスミス(テニス)がそれに当たります。



エアマックスやリーボックのように、メーカーによってランニングシューズでも使いやすいものも多数あります。



あなたに合ったスニーカーを見つけてくださいね!



>>品揃え豊富!オススメのショップはこちら