dc04.jpg


ダンスが上達するコツは、第一に基礎をしっかり身に付けること!



ですが、基礎が大事なのは知っていても、基礎が難しくて思うように上達しない!って人もかなり多いです。



そこで、なかなか上手くならずに悩んでいたり、運動音痴でダンスの苦手意識が強い人に最適な上達のコツがあります。



従来のダンスの基礎練習から始めるのではなく、「体の使い方」を磨けばダンス初心者でも効率的に上達しますよ。



ダンス上達のコツはコピー能力の高さ



dc4-1.jpg


ダンスって早い話、あなたがEXILEみたいに踊れるようになりたいな〜と思えば、EXILEと同じように体を動かせるようになればいいってことです。



だって、手本(EXILE)と全く同じシルエットで動けていれば、たとえダンスの基礎すら知らない素人でも、それはもうダンスが上手いってことですからね。



でも、実際はそれができない。できたら苦労しません。(^o^;)
ダンススクールでいくら先生に教えてもらっても、youtubeやダンスDVDを参考にしても、なかなかその通りにできないんですよね。



何故できないのか。
ダンスが踊れない理由は、基礎などのダンス技術の未熟さも当然ありますが、根本的な原因は体を思い通りに動かせていないからです。



例えば、やり投げや幅跳びなど初めてやる競技にもかかわらず、ほんのちょっと練習しただけで、すぐにこなせてしまう人っていますよね。
俗に言う運動神経がいい人!



これは教えてもらった通りに手本と同じ動きがパッとできる = 体をイメージ通りに動かす能力が長けているからです。



ダンスだって同じで、ちょこっと練習しただけで、インストラクターなどの見本と同じように踊れる人は「体を思い通りに動かす能力が高いから」です。



反対に、なかなか上達しない人やクセが強い人は、体の使い方が下手なだけ。
これは運動が苦手な人ほど顕著に見られます。



でも、殆どの人はダンスが上手くならない初心者に対して、基礎ができていない=技術不足を指摘します。



だからダンススクールでも、初心者はまずは基礎を学んでダンスの技術を身に付けましょう、、ってなっているわけですが、いくら技術練習をしても根本的な原因=体を思い通りに動かせないと技術の習得だって遅くなります。



体の使い方がわからない人に、いくらダンスの基礎やステップを練習させても非効率な練習法なんですよね。



体の使い方の重要性を武井壮が力説!



イメージ通りに体を動かす重要性は、タモリ×武井壮「運動能力を簡単に上げるコツ」でも紹介されています。





この動画(運動能力を簡単に上げるコツ)の内容をまとめると、イメージ通りに体を動かすことができれば、短い練習時間で技術を習得することができるとゆうもの。



動画では「目を閉じて両手を真横にピタッと止める」とゆう単純な動きで説明していますが、多くの人はどちらかの腕が下がっていたり、左右でズレが生じています。



dc4-2.jpg


あなたもやってみてください。
ズレてませんか?



これがズレるとゆうことは、他の動きも全てズレている状態です。



イメージ通りに体を動かせていないとゆうのは、このズレが常にある状態を指します。



武井壮さんはスポーツ万能でいかにも運動能力が高いように見えますが、最初から何でも器用にこなせたわけではありません。



いかに自分の思い通りに体を動かせるのか、体の使い方ばかりを研究してきたそうです。



スポーツは一般的に「反復練習を行うこと」で習得できるとされています。



ですが、武井壮さんの独自理論は「イメージ通りに体を動かせることになるのが基本」で、これは「見本となる動きをしっかり記憶してその通りに動けばいい」とゆうこと。



実際に競技に必要な技術練習よりも、イメージトレーニングやイメージ通りに体を動かすことばかりを考えていたそうです。



その結果、自分がやる競技の技術練習は殆どなしの状態で、陸上競技十種競技元日本チャンピオン!



動画で話しているように、スポーツは技術を練習するよりも、自分の体を思い通り動かす練習が重要というのは納得ですね。



ただし、基本的には技術から習得するのがオススメ!



ここまでの話を聞くと、「じゃあ、ダンスは基礎とかの技術よりも先に、体の使い方を磨けば、ダンスがグングン上達するんだな!」って思いますよね。



確かにその通りで、だからこそ、ここで基礎以外でのダンスの上達のコツとして紹介しているわけですが、誰でも「体の使い方を学ぶ → 基礎などの技術を学ぶ」このプロセスが必要とゆうわけではありません。



体の使い方は技術で身に付く



dc4-3.jpg


僕は基本的にこれからヒップホップダンスを始めたい初心者には、「基礎を一から学んでステップや振り付けに慣れていく」とゆう、技術の習得を優先した一般的な練習方法を勧めています。



やはり、ダンスが上達するためには基礎が最も重要な技術で、体を上手く使えるようになるために一番最初に身に付けておく必要があるからです。



もちろん、武井壮さんの運動理論「技術練習よりも体を思い通り動かす練習が重要」と同じように、ダンスも基礎やステップなどの技術より、「体を思い通りに動かす能力」を磨けば、ダンス技術の習得も早くなるでしょう。



ただ、スポーツ全般の運動能力を高めるのではなく、ダンスの上達だけにこだわるならダンスの技術練習(基礎やステップなど)で自然と感覚を覚えていくので、あえて「体の使い方」から始める必要はありません。



ダンスの基礎から応用までダンス技術が効率的に身に付く方法はこちら
>>まるで個人レッスン!「ヒップホップダンス上達プログラム」であなたはこうなる!



基礎すら難しい人こそ体の使い方から学ぶべし!



dc4-4.jpg


基礎を身に付けて、ステップを練習して、振り付けを踊って、、とゆう、技術メインの一般的な練習方法は人によって合う合わないの差が大きいです。



ダンススクールのレッスンみたいにいきなり踊ったりする実践的な練習方法なので、得意不得意が露骨に表れ、上手くなる人と全く上達しない人に大きく別れてしまいます。



だから挫折者も多く、上手い人だけがスクールに通うような状況になりやすいのです、、



これは、もともと体の使い方があまり得意ではない運動神経が悪い、リズム感がない、とゆう人にとってハードルが高く、馴染めない練習方法でしょう。



なので、ダンスならステップなどの技術よりも体の使い方からダンスを始めるのがベスト!



体の使い方は、センスや運動能力に関係なく訓練で誰でも克服できます。



通常のダンス練習のように、基礎やステップなどの技術を身につけるのではなく、体の使い方からダンスが上達する練習方法なので、ヒップホップダンスの超入門として取り組めますよ。



ダンスの苦手意識が強い初心者や、いくら練習しても上手くならない人にとって、体の使い方から知ることは効率的に上達する最も効果的な練習方法なのです!



運動音痴でもらくらく!ダンスに特化した「正しい体の使い方」を身に付ける方法はこちら
>>ダンス上達の近道!「体の使い方」で下手を根本的に解決する方法とは?



まとめ



体を思い通りに動かす能力、ダンスなら体の使い方を知っているのと知らないのでは大違い!



体の使い方を学ぶことは、既にダンスをやっていてマンネリで悩んでいる人にも効果がありますが、ダンスの超入門部分に当たるので超初心者向けです。



体の使い方からダンス上達に繋げる練習方法は、0から1を目指すダンス未経験者にとって最も優しいダンスの始め方!



ダンスを始めたいけど運動神経が悪くて自信がない、不安だ、ダンススクールのレッスンについていけないとゆう方でも、すんなりダンスに馴染めますよ。



>>ダンスの超入門!「体の使い方」で自然とダンスが上達する方法はこちら