dc14.jpg


ダンスの上達は、どんな練習をしたかで決まります。



独学でダンスを始めたり、ダンススクールに通っていても、結局のところ自分で練習ができないと、いつまで経っても下手なまま、無駄にダンス歴だけが長くなってしまいます。



ダンススクールに通うだけで上手くなる人は、よほど才能がある人だけですからね。(^_^;)



では、早く人前で踊れるくらいダンスが上達するためには、どんな練習をすればいいのか。



それは、振り付けを中心に練習することです。



なぜ、振り付け練習が早く上手くなる練習方法なのか、それは「振り付けとは何か」を理解するとわかります。



ただ、振り付け中心といっても、初心者がいきなりそれをやるのは返って遠回りになるので注意が必要です。



ぜひ真似してほしい!ダンスが上達する人の特徴はこちら
>>ここが違う!ダンスが上手くなる人の「8つ」の特徴



振り付けはステップの組み合わせでしかない



dc14-1.jpg


振り付けは細かな動きが多く、人の数だけ表現力も違うので無限大にあります。



振り付けって何だか難しい複雑なイメージがありますが、振り付けは大まかに言えば、ステップを組み合わせた動きでしかないんです。



ダンスには沢山のステップがありますが、振り付けとなった場合、基本の形だけで踊るのではなく、応用させたり、オリジナルのステップとして、複雑に組み合わされています。



つまり、ダンスはステップや基礎を個別に練習するよりも、多くの振り付けを踊ることで、自然と体の使い方に慣れ、多様なステップが身に付くので、効率的にダンスが上達するとゆうことです。



振り付けの覚え方はこちら
>>振り付けが覚えられない原因とは?早く覚えるにはコツがある!



ただし、振り付け練習は落とし穴がある!



dc14-2.jpg


振り付けに使われているステップやリズムの取り方など、全ての動きには基本の形があり、基本が元になっています。



ある程度ダンスの知識や基本を理解していないと、一つ一つのステップが雑になってしまったり、変なクセがついたダンスになりやすいです。



ダンス未経験の初心者にとって、いきなり振り付け練習をするのはリスクがあるし、実は難易度が高い練習でもあります。



初心者の場合は、あくまでも「振り付けだけ」をひたすら練習するのではなく、



@ ダンスの基礎を理解することから始めて
A いろんなステップや技の応用力を身につけながら
B 振り付けに取り組む



このようにダンスを構成する要素(基礎)を学びながら、徐々に「振り付けを中心にした練習」に変えていくことが重要です。



一定のダンスの基本が身に付いていると、初めて見る振り付けでも、動き方やリズムの取り方が理解できるので、コツを掴みやすくなりますよ。(^^)b



基礎から振り付けまで一気に学べるので、初心者でも迷うことなくダンス練習ができますよ!



まとめ



振り付けを踊ることは上達に繋がりますが、まずは基礎やステップがおろそかにならないようにしっかり練習しましょう。



最短でカッコよく踊れるようになるためには、基礎をしっかり身に付けた上で、技やステップを一から丁寧に学びながら、振り付けをメインに練習することが大切です。



僕はこの練習スタイルで効率的に上達したので、初心者でも取り組みやすい「振り付けメインでステップも学ぶ」とゆう練習方法は本当にオススメです。



簡単な振り付けから始めて、徐々に難しい振り付けにチャレンジしてダンススキルを上げましょう。



難しい振り付けこそ、かっこいい動きが多く、多彩な上級テクニックが沢山あるので楽しいですよ!



>>ヒップホップダンスを徹底解説!基礎から振り付けまで一気にマスターできる方法はこちら