dc36.jpg


ダンスのアップとダウンは、ダンスの基礎であり、欠かせないリズムの取り方です。



どちらも膝を曲げて伸ばすような簡単な動作ですが、上手くリズムを取るためのコツやできない意外な理由があるので参考にしてくださいね!



ダンスの見映えを左右する!リズム取りと同様に重要なダンスの基礎はこちら
>>基礎テク!ダンスのアイソレーション「首と胸」を動画で徹底解説!



ダウンのリズムの取り方







down1.jpg
@ 足を肩幅に広げてその場で膝を曲げる
A 膝を曲げるときに腕を上にあげて、膝を伸ばすときに腕を下げる
※ 腕の使い方は自由


ダウンの練習方法とコツ



ダウンは、下でアクセントを取るリズムの取り方です。

1(ワン)2(ツー)3(スリー)4(フォー)とカウントを取り、ワンのタイミングで足を曲げている状態です。



  • 胸を少し引く

down2.jpg

膝を曲げるときに、胸を少し後ろに引きます。胸とオヘソを近づけるイメージで、肩ではなく胸を奥に引っこめます。



  • 重心の取り方に注意

down3.jpg

重心が後ろに傾くと、膝が前に出たり腰がそれたりするので、膝や腰を痛めてしまいます。胸を後ろに引いて膝を曲げるときに、空気イスのようにお尻を真下に沈める意識でリズムをとりましょう。



ダウンの改善ポイント



ダウンの場合はその場ではうまくできても、ステップを混ぜて動きながらダウンのリズムを取るとなると急にできなくなる人が多いです。



準備姿勢(膝を伸ばす)が整っていないとダウンができないので、膝を柔らかく使って、足を伸ばすことを意識しましょう。



アップのリズムの取り方







up1.jpg
@ 足を肩幅に広げて膝を曲げて、1(ワン)のタイミングで膝を伸ばす
A 膝を伸ばすときに腕を前に振り、膝を曲げるときに腕を後ろに振る
※ 腕の使い方は自由


アップの練習方法とコツ



アップとは、上にアクセントを持ってきて音を取るリズムの取り方です。


1(ワン)2(ツー)3(スリー)4(フォー)とカウントを数えて、ワンのタイミングで足を伸ばす状態がアップです。



  • 準備姿勢を意識する

up2.jpg

アップはダウンとは違って膝を曲げた状態がスタートの姿勢です。

ダウンは普通に立っている状態(スタートの姿勢)から膝を曲げるだけなので簡単にできますが、アップはスタートのタイミング=膝を曲げるタイミングを取るのが少し難しくなります。

膝を曲げないとアップができないので、1(ワン)のタイミングで膝を伸ばせるように準備姿勢ができているか注意しましょう。



  • 胸を少し張る

up3.jpg

アップのリズム取りは膝を伸ばしながら軽く胸を張ります。膝を伸ばす時にしっかり地面を踏んで床を押すイメージです。



アップの改善ポイント



アップができない人は、足を曲げるというアップの準備姿勢がちゃんとできていません。



これは準備ができていないというより、準備のタイミングがわからないことが原因です。



1(ワン)のタイミングでアップをするためには、ワンの前のカウントの&(エン=裏拍)を意識します。



カウントには、&1&2&3と表(数字の部分)と裏(&の部分)があるので、アップの場合は&部分が準備=足を曲げるタイミングです。



カウントで説明するとややこしいかもしれませんが、1(ワン)2(ツー)3(スリー)とカウントを数えながら手拍子をして、手拍子が鳴るタイミングでアップができるように、手拍子と手拍子の間(裏拍)で膝が曲がるように意識してタイミングを掴みましょう。



カウントの解説はこちら
>>カウントの数え方と用語の解説



アップとダウンの注意点とコツ



アップやダウンの方法を解説しましたが、改めてリズム取りの注意点やコツをまとめました。



力を抜く



余計な力が入ると動きが固くなるので、全身の力を抜いた状態で膝を曲げてリズムを取ります。



力を抜いた状態(普段の姿勢)で姿勢が悪い人もいます。僕もですが、猫背だったりデスクワークの人は巻肩になっているなど。



姿勢が悪い状態で膝を曲げたり伸ばしたりすると、重心がズレてバランスが悪くなったり、膝や腰に余計な負担がかかってしまいます。



この場合は、真っ直ぐを意識してから力を抜いて姿勢を作り、アップやダウンのリズムを取りましょう。



リズムを取るときは、体が前後に傾いたり揺れていないか注意し、真っ直ぐの上下でリズム取りができているか姿勢をチェックしながら行ってくださいね。



膝だけを使わない



アップもダウンも基本は膝を曲げる動作ですが、膝だけでリズムを取ると膝を痛めてしまいます。



膝を曲げるときに、上半身をやわらかく使う意識を持ってください。



このときに胸も意識して、アップなら膝を伸ばしたときに前に出す(少し反る)、ダウンなら膝を曲げた時に胸を引いて、体全体でリズムを取りましょう。



リズムキープを忘れない



特にダウンでよくあるのが、ダウンのリズムがあやふやになって、アップなのかダウンなのかわからなくなってしまうこと。



たとえば、しゃがむための準備姿勢を意識しすぎて足を伸ばしすぎたり、伸ばしたときに上でリズムを取ってしまい、ダウンのリズムが弱くなったり途切れてしまうことがあるので要注意。



ダウンかアップかリズムが曖昧にならないように、まずはしっかり膝を曲げる、そして、下(ダウン)でのリズム取りを意識して、リズムがキープできるように、膝をバネのように柔らかく使い、ダウンのリズムが途切れないようにしましょう。



アップは、膝を曲げるときに腰を下げて地面をしっかり踏む、そして体を押し上げて上でアクセントを取ります。



アップダウンのコツはたくさんありますが、がどうしてもできない・・ダンスの基礎が苦手・・という方に最適な練習法はこちら
>>上達の近道!「KAZUのダンス必修可」の強みとは?



リズム取りに動作を加えてダンスに慣れていく



ダンスはリズムを取りながら腕や足を動かして踊ります。



最初はその場で足を開いてリズムを取ることから始めて、慣れてきたら足踏みしたり横に移動したり、アイソレーションを取り入れたりと、ステップを加えながらリズムトレーニングを行いましょう。



アップやダウンのリズム取りは、胸だけや膝だけでリズムをとるのではなく、頭、胸、膝を連動させて体全体を使って行います。



そのときに、腕を振ったり曲げたりして、腕をうまく使うと見た目がよくなるので、腕の使い方も大切ですよ!



自分のダンスを見直すポイントはこちら
>>「ダンスの動きが変!」と感じたら?4つのポイントで即改善!



姿勢だけじゃない!リズム取りができない意外な原因



リズム取りは準備姿勢だけでなく、足の筋力が弱いとしっかり体重を支えられないのでうまくリズムが取れません。



また、その場でのリズム取りは問題がない人でも、ステップが入ると姿勢が崩れたりリズムがズレていく人がいます。



これは単純に曲のリズムよりも早取りになっていることもありますが、足の筋力に左右差がある可能性があります。



たとえば、右足はしっかり体重を支えられても、左足の筋力が弱いと左足に体重をかけたときに同じように支えられず、バランスが崩れてリズムがズレてしまいます。



アップやダウンが上手くできない人は、もしかすると筋力不足かもしれないので、リズム取り残りの姿勢やタイミングだけでなく筋力チェックも行ってみてください。



筋力の左右差や足の筋力が弱いとダンス上達の弊害になります。
筋トレやからだの姿勢をちょっと直すだけでも改善されますよ。



関連記事はこちら
>>重心のズレは致命的!?ダンスの体重移動をスムーズにする3つのコツ



まとめ



リズムの取り方は、アップやダウン以外に前ノリや後ろノリなどがありますが、中でもアップとダウンは基本中の基本です。



準備姿勢はがっつり足を曲げたりピンと足を伸ばしきるのではなく、力まずにバネのように膝を柔らかく使うのがポイントです。



また、ダウンなら胸を後ろに引く、アップなら少し反るので、膝だけでなく上半身の動きが硬くならないように意識します。



最初は曲に合わせてリズムを取ったり、タイミングを合わせるのが難しいですが、まずは正しいフォームでできるように姿勢をチェックしてマスターしてくださいね!



リズム取りはとにかく練習して体で覚えるしかありませんが、膝を酷使するのでやり過ぎに注意して練習を行って下さい。