dc23.jpg


独学にしてもダンススクールに通うにしても、自主練なしではダンスは上手くなりません。



練習は基本的に一人ですが、そこで悩ましいのが、どこで練習すればいいのか、練習場所選び(探し)の問題です。



ダンスはスピーカー同様、練習場所の確保も大切!



ダンサーは普段どんな場所で練習しているのか、初心者のダンス練習に最適な場所や、練習場所の探し方、適した条件などを細かく紹介します。



ダンスにオススメのスピーカーはこちら
>>スマホで楽々♪ダンスに使えるオススメの最新のスピーカー特集



ダンスの練習場所の条件と注意点



dc23-2.jpg


練習場所探しのチェックポイントは主に3つあります。



  • 自分の姿がチェックできる


自分の姿がチェックできる方がいいので、鏡がある場所がベスト。



鏡がなくても、窓ガラスのような自分の姿が少しでも確認できる鏡代わりになるものがあれば十分です。



  • 騒音の問題がない


ダンスは音を流して練習するので、爆音でなくても人に迷惑をかけてしまう可能性があります。



下手すれば通報されてしまうので、騒音に気を付けて自宅なら練習の時間帯、野外なら通行量が少ない場所を選ぶなどの配慮をしましょう。



  • 床や地面の状態がいい


特に路上で練習する際に、床がでこぼこしていたり、砂利になっているような足場が悪い場所があります。



足場が悪いと、膝を痛めたり、怪我の原因になるので練習は控えましょう。



練習場所の使用上の注意点



dc23-3.jpg


注意点は1つだけ。
ずはり、マナー厳守です。



ダンス練習は自宅や路上などがありますか、とくに路上での練習は注意が必要です。



公園や駅など土地の所有者の好意で開放されていたり、ダンスに寛容な場所もありますが、多くは勝手に使わせてもらっている状態です。



路上で練習していて注意された経験がある人もいるでしょう。



注意や警告だけならマシですが、マナーの悪さから練習禁止になった場所もあります。



ダンス練習に使う全ての場所は、ゴミをひらう、ポイ捨てをしないなど、最低限のマナーを守ることが絶対です。



あくまでも、使わせてもらっているので、感謝の気持ちを忘れずにキレイに使いましょう。



自宅練習の場合は足音や音量に要注意!



一人でも平気!ダンスに使える練習場所ってどこ?



ダンス練習で使われる場所を無料と有料に分けて紹介します。



有料編



dc23-1.jpg


  • レンタルスタジオ
  • 公共施設(公民館、体育館、会議室)


多少お金がかかりますが、施設を借りるメリットは、完全個室なら周りの目を気にせず、広いスペースでダンス練習に没頭できることです。



また、室内練習なので雨天に左右されないのもメリットですね。



デメリットはお金がかかることや、公民館や会議室などは鏡がなかったり、利用時間に限りがあります。



あと、必ずしも予約が取れるとは限らないので、早めに予約をしておきましょう。



  • レンタルスタジオ


ダンススタジオのレンタルは1時間2000円くらいです。



個人練習にしてはスペースが広すぎますが、音をガンガン流せるし、大きな鏡があるので使い心地は抜群です。



  • バンドスタジオ


意外と安いのがバンドスタジオ。



個人練習用だと1時間500円から800円くらいでレンタルできます。



部屋が狭いですが、鏡があったり、ダンス練習に使うことを伝えておくと、楽器を片付けてくれたりと対応してもらえることがあります。



  • 公共施設(公民館、体育館、会議室)


公民館も体育館も無料だったり、会議室だと鏡がないこともありますが、どれも1000円以下の料金で借りれることが多いです。



僕が前に住んでいた地域では、小規模だったのもあり公民館は無料でした。



体育館や会議室は利用時間にもよりますが午前中なら500円、18時以降は800円とかなり安かったので重宝しましたね。



どちらも施設の利用時間が21時までと短かったですが、体育館は巨大鏡があったので無料のダンス練習場所としては最高でした。(^o^)



無料編



dc23-4.jpg


  • 公園、駅、ビルや商業施設の周辺
  • 自宅(部屋、玄関、車庫、庭)


無料の場所でポピュラーなのが公園や駅などの路上練習です。



メリットは無料!



他にも、利用時間に制限がないことが多く、ダンスに寛容な地域なら鏡が設置されていたり、鏡がなくてもビルの大きなガラス張りが鏡代わりになるので練習に困りません。



デメリットは、路上は冷暖房がないので、夏や冬はキツいです。

通行人の邪魔になることがあるので、結構気を使います。(^o^;)



  • 公園、駅、ビルや商業施設の周辺


ダンス練習と言えば一番多いのが、駅前やビルなどの路上(ストリート)です。



駅のホームや営業時間が終わったビルなどのガラス張りを鏡代わりにして練習しているのを見かけたことがある人もいるでしょう。



一部の駅や公園ではダンス練習として許可されている場所もあるので、たくさんのダンサーがこぞって利用しています。



東京なら、中野ゼロホール、損保ジャパンビル(旧安田火災)、溝ノ口駅構内などが有名ですね。



  • 自宅(部屋、玄関、車庫、庭)


自宅は最も身近な練習場所です。



ダンスは両手を横に広げて物が当たらないくらいのスペースがあれば十分練習できます。



家だと一人でも平気だし、DVDを見ながら練習したり、家の中が無理なら車庫や庭なども練習場所になりますよ!



ダンス初心者に最適な練習場所はずばり、自宅!



dc23-5.jpg


大きな準備が要らない



僕がダンスを始めた頃に住んでいた場所は、ダンス練習に使える場所がまったくなかったので、場所探しに苦労しました。



なので、必然的に自宅練習がメインだったのですが、部屋や庭に巨大鏡を置くだけでダンススタジオに早変わりするので便利ですよ。



人目が気にならない



自宅は路上と違って、人目が気にならないし、気恥ずかしさもなく、自分のペースで練習ができます。
一人で練習するのに自宅を使うのはけっこう当たり前です。



路上は経験豊富な人や仲間内で練習している人が多いので、未経験の初心者がいきなり路上で練習したり、経験者の輪の中に飛び込むことはなかなかできません。



人に見られるのは緊張するし、何よりもダンスが未熟で肩身の狭い思いをすることもありますからね。(^_^;)



最初から友達やダンス仲間がいる人はいきなり外で練習をすることがありますが、個人でダンスを始めた人は自宅を練習場に使っている人が多く、ダンスではごく当たり前です。



路上練習に馴染めるようになる



ある程度踊れるようになれば路上練習にもすんなり馴染めるので、自宅練習の積み重ねは一歩踏み出す勇気や自信を養ってくれます。



僕も自宅練習から始めて、人に見られることに慣れるために、週に1回くらいから路上練習を取り入れていました。



最初は人の出入りが少ない公園を見つけて、窓ガラスが小さくてダンス練習には不便でしたが、一人でもくもくと練習してましたね。



外での練習に慣れたら少しずつ人が多い場所で練習したり、ダンサーが集まる場所に行きました。



ダンス経験豊富な人がいると刺激になるし、上手い人から直接ダンスを教えてもらえたり、情報交換をしたり、何よりもダンス仲間ができるので、ダンスライフがより充実します。



最初は緊張しますが、自宅練習でダンスに慣れてきたら、路上=ストリートでの練習を視野にいれましょう!



自宅練習で鏡がない時に役立つ!代用品や便利グッズを紹介
>>意外とダンスに使える!自宅練習で役立つ鏡の代用品



まとめ



ダンス練習できる場所は意外と多く、自宅でも普通に練習できます。



自宅だと軽めの練習になりますが、時間やお金に余裕があるならスタジオや会議室など大きな鏡のある個室で、たまには思いっきり練習するのも大切!



室内なので気候や人目を気にする必要がなく、個人練習に最高の環境ですから活用しましょう!



どんな場所で練習するにしろ、騒音や他人の迷惑にならないように気を付けて、マナーを守って利用してくださいね。