dc43-2.jpg


ダンスの始め方はいくつかありますが、「ダンススクールに通えば上手くなる!」と思っているなら危険です。
自分に合ったダンススクールであっても上手くなるわけではありません。



ダンススクールに1年以上通い続けているのに全く上手くならないことは珍しくないんですよね。



ダンスを習っているのに上手くならない、、
と悩んでいる人も多いでしょう。



なぜダンススクールで挫折してしまうのか、その理由や上手くならない人の原因を紹介します。



上達スピードが遅くてお悩みの方はこちら
>>ダンスの上達期間って何日?成長速度が遅い人の原因とは?



初心者がダンススクールで挫折してしまう5つの理由



dc43-4.jpg


ダンススクールと聞くと、一見、早く上手くなりそうなイメージですが、挫折しやすい理由があります。



ダンススクールがオススメの人の特徴や僕の考えはこちら
>>思わず納得!僕がダンススクールを初心者にオススメしない「たった一つ」の理由



レッスン時間が少ない



ダンススクールは、たいてい1レッスンの時間が90分です。



当たり前ですが、その時間内で完全にマスターするのは不可能ですよね。



たった90分に全て詰め込んでいるので、なかなか理解しながらレッスンを受けられません。



団体制だから



ダンススクールは懇切丁寧な指導をしてもらえるように思いますが、それは大きな間違い!



レッスンは個別ではなく団体です。



平均で1レッスン20名くらいの生徒がいるので、自分のレベルに合わせてレッスンが進むわけではなく、一人ずつ丁寧に指導することも稀です。



人気のスクールだと生徒の数がその倍になることもあり、踊るスペースがなく密度か高い高い、、(ーー;)



これはインストラクターも悩ましく感じていることだと思いますが、全ての生徒に指導が行き届かないんですよね。



ダンス未経験者歓迎!と謳っているレッスンでも、実際に受けてみるとレッスン内容が全く理解できないことも少なくありません。



初級クラスなのにハイレベル



多人数制なので、全体的な生徒のレベルに合わせて指導をするため、生徒のレベルが高いと必然的に教えるダンスレベルが高くなります。



初級クラスで、中級レベルのステップを教えることが普通にあります。



生徒のダンスレベルが高くなるのは、ダンススクール(インストラクター)の実力ですが、初心者からすれば拷問ですよね。(^o^;)



レッスンのレベルとあなたのダンスレベルの不一致は、ダンススクールで挫折してしまう大きな原因です。



とくに人気ダンサーのレッスンや有名ダンススクールのレッスンは生徒数がかなり多くてハイレベルです。
YouTubeのレッスン動画を見てもレベルの高さがよくわかります。



新参者は馴染めない



ダンスはこのダンサーに習いたい!という生徒が多く、ある程度、レッスンに通う生徒が固定されます。



その中にいきなり新人が一人混じるので、よほど生徒が社交的だったり雰囲気が良いクラスでないと、うまくコミュニケーションがとれず、すんなり馴染めないような雰囲気があります。



生徒が固定されてまとまっている空気を壊されたくないですから、自然と新人は近寄りがたいに空気になってしまいます。



メンタル面での負荷が強い



周りはあなたよりもダンス歴が長く、上手い人ばかりです。



ダンス経験ゼロの状態では、いきなりレッスンをこなすことはできないので、どうしても周りから浮いてしまいます。



最初はしょうがないですが、肩身の狭い思いをするので、スクールに通い続けるには精神的にキツく感じます。



また、ダンススクールは、比較的、年齢層が10代や学生と若いので、年齢的にも厳しく感じることも多いです。



年齢を気にせずに通えるスクールの選び方はこちら
>>年齢が気にならない!30代40代向けのダンススクールの特徴



上手くならない大きな原因は練習時間にある



dc43-1.jpg


ダンススクールは初心者が挫折しやすい部分がありますが、上手くならない一番の原因は練習量の少なさです。



通うことに満足してしまう



一般的に、趣味でダンスをやっている人なら、週1ペースでレッスンを受けますが、レッスンを受けたことに満足してしまって、自分で練習をしない人や練習時間が圧倒的に少ない人が多いのです。



既にスクールに通っていて上手くならないな〜と悩んでいる人はどれだけ練習しているか考えてみてください。



レッスン以外での練習量の差は大きい



ダンスがメキメキと上達する人は、あなたが想像する以上にレッスン以外の時間で積極的に練習しています。



たとえば、週一でダンススクールに通うなら次のレッスンまで6日ありますが、その間にどれだけ練習して習ったことを吸収したか。



1日2時間の練習なら12時間(2時間×6日)、まったく練習していない人と毎日コツコツと練習している人には、次のレッスンまでに12時間もの練習量の差が出ます。



これは1レッスン90分とすると、12時間(720分)はレッスン8回分、週一ペースで通うなら2ヶ月分に相当します。



練習時間だけでなく、どんな練習をしているのかも重要ですが、単純に、2ヶ月間もの遅れをとる=上達の差が生まれてしまうということです。



ダンスを習うだけでなく、自分でもしっかり練習をしてくださいね!



練習方法の注意点はこちら
>>ダンスが下手な理由って?上達しない人の7つの練習方法



たくさんレッスンを受けても上手くならないことに気付こう!



「スクールにたくさん通えば上手くなりますか?」



これは定番の質問ですが、たくさん通うだけではお金がなくなります。(笑)



冗談っぽく言いましたが、決してウソではないですよね。



ダンススクールはあくまでもインプットの場所です。



インストラクターから上手くなるための情報を得たり、自分のダンスの間違いに気付くきっかけ作りはできても、学んだことをきちんと練習しなければ何の意味もないのです。



なので、ダンススクールにたくさん通えば、上手くなるための情報やきっかけは増えますが、通うだけで上達するわけではありません。



大切なのはアウトプット=実践(練習)ということをお忘れなく!



ダンススクールのレッスンであなたが「ここは大切だな」と感じたことをしっかり練習してくださいね。



レッスンでは、たくさんの気付きやきっかけが得られるので、そこを意識して有効的に活用しましょう!



初心者が楽しくダンススクールをエンジョイするために



dc43-3.jpg


ダンススクールはいろんな人との出会いや刺激があり、楽しくダンスが学べる場所です。



でも、自主練習をしなければ上達しないのは当然ですが、それ以前にあなたに合ったスクール選びが重要です。



とくにレッスンのレベルとあなたのダンスレベルの不一致は、ダンススクールで挫折してしまう大きな原因と言えます。



レッスンに馴染めないのは、あなたが悪いのではなく、単にそのスクールが合っていないだけです。



これからダンススクールに通う人は「初心者が失敗しない!ダンススクールの選び方」を参考にしてください。



まとめ



ダンススクールの現状として5つの挫折してしまう理由(主な傾向)を書きました。



なんだか、これからダンススクールに通いたい初心者に対して、不安を煽るような内容になってしまいましたが、スクール選びの際に注意しておけば大丈夫!



何事も初めての場所は緊張しますが、たとえレッスンに馴染めなくても「最初はこんなものだ」と心積もりをして、レッスンについていけるように基礎練習をしておくなど準備をしておきましょう。



意を決してせっかくダンススクールに通うのだから、お金や時間を無駄にしないためにも、レッスンに頼りきるのではなくしっかり自分で積極的に練習してくださいね!