ダンスの上達法・練習法のカテゴリ記事一覧

元ダンス学生の管理人による「これからヒップホップダンスを始めたい初心者」のための応援サイト!独学で上達する方法や挫折しないコツを幅広くご紹介!

カテゴリ:ダンスの上達法・練習法

画期的な上達法!運動音痴は「ダンスの体の使い方」を学ぶべし!

dc04.jpg


ダンスが上達するコツは、第一に基礎をしっかり身に付けること!



ですが、基礎が大事なのは知っていても、基礎が難しくて思うように上達しない!って人もかなり多いです。



そこで、なかなか上手くならずに悩んでいたり、運動音痴でダンスの苦手意識が強い人に最適な上達のコツがあります。



従来のダンスの基礎練習から始めるのではなく、「体の使い方」を磨けばダンス初心者でも効率的に上達しますよ。



ダンス上達のコツはコピー能力の高さ



dc4-1.jpg


ダンスって早い話、あなたがEXILEみたいに踊れるようになりたいな〜と思えば、EXILEと同じように体を動かせるようになればいいってことです。



だって、手本(EXILE)と全く同じシルエットで動けていれば、たとえダンスの基礎すら知らない素人でも、それはもうダンスが上手いってことですからね。



でも、実際はそれができない。できたら苦労しません。(^o^;)
ダンススクールでいくら先生に教えてもらっても、youtubeやダンスDVDを参考にしても、なかなかその通りにできないんですよね。



何故できないのか。
ダンスが踊れない理由は、基礎などのダンス技術の未熟さも当然ありますが、根本的な原因は体を思い通りに動かせていないからです。



例えば、やり投げや幅跳びなど初めてやる競技にもかかわらず、ほんのちょっと練習しただけで、すぐにこなせてしまう人っていますよね。
俗に言う運動神経がいい人!



これは教えてもらった通りに手本と同じ動きがパッとできる = 体をイメージ通りに動かす能力が長けているからです。



ダンスだって同じで、ちょこっと練習しただけで、インストラクターなどの見本と同じように踊れる人は「体を思い通りに動かす能力が高いから」です。



反対に、なかなか上達しない人やクセが強い人は、体の使い方が下手なだけ。
これは運動が苦手な人ほど顕著に見られます。



でも、殆どの人はダンスが上手くならない初心者に対して、基礎ができていない=技術不足を指摘します。



だからダンススクールでも、初心者はまずは基礎を学んでダンスの技術を身に付けましょう、、ってなっているわけですが、いくら技術練習をしても根本的な原因=体を思い通りに動かせないと技術の習得だって遅くなります。



体の使い方がわからない人に、いくらダンスの基礎やステップを練習させても非効率な練習法なんですよね。



体の使い方の重要性を武井壮が力説!



イメージ通りに体を動かす重要性は、タモリ×武井壮「運動能力を簡単に上げるコツ」でも紹介されています。





この動画(運動能力を簡単に上げるコツ)の内容をまとめると、イメージ通りに体を動かすことができれば、短い練習時間で技術を習得することができるとゆうもの。



動画では「目を閉じて両手を真横にピタッと止める」とゆう単純な動きで説明していますが、多くの人はどちらかの腕が下がっていたり、左右でズレが生じています。



dc4-2.jpg


あなたもやってみてください。
ズレてませんか?



これがズレるとゆうことは、他の動きも全てズレている状態です。



イメージ通りに体を動かせていないとゆうのは、このズレが常にある状態を指します。



武井壮さんはスポーツ万能でいかにも運動能力が高いように見えますが、最初から何でも器用にこなせたわけではありません。



いかに自分の思い通りに体を動かせるのか、体の使い方ばかりを研究してきたそうです。



スポーツは一般的に「反復練習を行うこと」で習得できるとされています。



ですが、武井壮さんの独自理論は「イメージ通りに体を動かせることになるのが基本」で、これは「見本となる動きをしっかり記憶してその通りに動けばいい」とゆうこと。



実際に競技に必要な技術練習よりも、イメージトレーニングやイメージ通りに体を動かすことばかりを考えていたそうです。



その結果、自分がやる競技の技術練習は殆どなしの状態で、陸上競技十種競技元日本チャンピオン!



動画で話しているように、スポーツは技術を練習するよりも、自分の体を思い通り動かす練習が重要というのは納得ですね。



ただし、基本的には技術から習得するのがオススメ!



ここまでの話を聞くと、「じゃあ、ダンスは基礎とかの技術よりも先に、体の使い方を磨けば、ダンスがグングン上達するんだな!」って思いますよね。



確かにその通りで、だからこそ、ここで基礎以外でのダンスの上達のコツとして紹介しているわけですが、誰でも「体の使い方を学ぶ → 基礎などの技術を学ぶ」このプロセスが必要とゆうわけではありません。



体の使い方は技術で身に付く



dc4-3.jpg


僕は基本的にこれからヒップホップダンスを始めたい初心者には、「基礎を一から学んでステップや振り付けに慣れていく」とゆう、技術の習得を優先した一般的な練習方法を勧めています。



やはり、ダンスが上達するためには基礎が最も重要な技術で、体を上手く使えるようになるために一番最初に身に付けておく必要があるからです。



もちろん、武井壮さんの運動理論「技術練習よりも体を思い通り動かす練習が重要」と同じように、ダンスも基礎やステップなどの技術より、「体を思い通りに動かす能力」を磨けば、ダンス技術の習得も早くなるでしょう。



ただ、スポーツ全般の運動能力を高めるのではなく、ダンスの上達だけにこだわるならダンスの技術練習(基礎やステップなど)で自然と感覚を覚えていくので、あえて「体の使い方」から始める必要はありません。



ダンスの基礎から応用までダンス技術が効率的に身に付く方法はこちら
>>まるで個人レッスン!「ヒップホップダンス上達プログラム」であなたはこうなる!



基礎すら難しい人こそ体の使い方から学ぶべし!



dc4-4.jpg


基礎を身に付けて、ステップを練習して、振り付けを踊って、、とゆう、技術メインの一般的な練習方法は人によって合う合わないの差が大きいです。



ダンススクールのレッスンみたいにいきなり踊ったりする実践的な練習方法なので、得意不得意が露骨に表れ、上手くなる人と全く上達しない人に大きく別れてしまいます。



だから挫折者も多く、上手い人だけがスクールに通うような状況になりやすいのです、、



これは、もともと体の使い方があまり得意ではない運動神経が悪い、リズム感がない、とゆう人にとってハードルが高く、馴染めない練習方法でしょう。



なので、ダンスならステップなどの技術よりも体の使い方からダンスを始めるのがベスト!



体の使い方は、センスや運動能力に関係なく訓練で誰でも克服できます。



通常のダンス練習のように、基礎やステップなどの技術を身につけるのではなく、体の使い方からダンスが上達する練習方法なので、ヒップホップダンスの超入門として取り組めますよ。



ダンスの苦手意識が強い初心者や、いくら練習しても上手くならない人にとって、体の使い方から知ることは効率的に上達する最も効果的な練習方法なのです!



運動音痴でもらくらく!ダンスに特化した「正しい体の使い方」を身に付ける方法はこちら
>>ダンス上達の近道!「体の使い方」で下手を根本的に解決する方法とは?



まとめ



体を思い通りに動かす能力、ダンスなら体の使い方を知っているのと知らないのでは大違い!



体の使い方を学ぶことは、既にダンスをやっていてマンネリで悩んでいる人にも効果がありますが、ダンスの超入門部分に当たるので超初心者向けです。



体の使い方からダンス上達に繋げる練習方法は、0から1を目指すダンス未経験者にとって最も優しいダンスの始め方!



ダンスを始めたいけど運動神経が悪くて自信がない、不安だ、ダンススクールのレッスンについていけないとゆう方でも、すんなりダンスに馴染めますよ。



>>ダンスの超入門!「体の使い方」で自然とダンスが上達する方法はこちら




あなどるなかれ!ダンスが上手くなる「イメージトレーニング」の力

dc16.jpg


イメージトレーニングは、よくスポーツ選手やアスリートで取り入れられていますが、ダンスにも絶大な効果があるんです!



でも、イメージトレーニングだけで本当に意味あるの?と思う人もいるでしょう。



ここではイメージトレーニングがもたらす効果や、効果を高めるトレーニング方法のコツを紹介します。



科学的にも証明された!イメージトレーニングの効果とは?



dc16-1.png


イメージトレーニングとは、頭の中で実際に動いている自分をイメージするというトレーニング方法です。



最近の研究(モルツ博士の著書)によると、脳は現実と想像を区別するのが苦手とゆうことがわかり、想像上の経験が鮮明であるほどその区別が難しくなります。



そして、さまざまな研究結果から運動をイメージするとその動作に必要な脳の領域も活動するとゆうことが科学的に証明されています。



例えば、、
頭の中で指を動かすイメージをすれば、実際に指を動かす時に働く脳の領域と同じ領域が活動している。



つまり、運動をイメージするだけで、実際に体を動かした練習の効果が得られるということ!



ダンスなら、あなたが習得したいステップや振り付けなどを踊っているイメージを作ることで、ダンス技術の習得が早くなります。



体を動かさずにイメージトレーニングだけで上達するって何だか不思議な感じですが、科学的にも立証されており、体の動きが劇的に変わるのでぜひ取り入れてください!



上達だけじゃない!驚異のイメトレ効果



dc16-4.jpg


イメージトレーニングはスポーツの上達に繋がるだけでなく、メンタル強化、ケガの回復、スランプ脱却など、あらゆる場面で効果を発揮しています。



これらは全てダンスにも役立つ大きな効果です。



僕の場合はダンスイベントの本番のイメージトレーニングをよくやっていました。



どんな会場で、どんなお客さんがいて、どんな照明で、どんな風に踊っているのか、本番をイメージすることで不安を和らげてくれるんです。



これはダンスの上達とゆうよりメンタル強化ですが、立派なイメトレ効果ですよね。



また、イメージトレーニングは、上手くイメージできると筋力さえもアップしたとゆう事例もあるそうです。



もはや、一般的に想像するイメトレ作用の領域を超えてますね!(゜ロ゜;



イメージトレーニングのコツ



dc16-2.jpg


イメージトレーニングのコツはいくつかありますが、イメージがより鮮明であるほど効果的です。



最初に書いたように、脳は現実と想像を区別するのが苦手なので、鮮明に想像すればするほど、それを現実に起きた体験だと理解し、経験がどんどん積まれていきます。



脳をだまして、イメージによる成功体験を生むことでパフォーマンスの向上に繋がるのです。



じゃあ、どんなトレーニングすればいいのか。
イメトレ上手になるコツが3つあります。



1.主観と客観のイメージを持つ



イメージは、ぼんやりしたイメージではなく、より具体的にイメージすることを意識します。



実際に自分の体を動かすイメージ
=見本と同じように動くイメージ作り


踊っている自分を客観視したイメージ
=上手く踊れている自分のイメージ作り
(踊る自分を客観視する)



イメージトレーニングは、鮮明にイメージを作るために主観的、客観的にイメージすることが重要です。



まずは、あなたがカッコいい!上手い!と思うダンスの見本(DVDや動画)を見つけて「見本と同じように上手く踊るイメージ」を作り上げましょう。



見本がどんな風に動いているのかをよく観察して、自分と置き換えるとイメージを作りしやすいですよ!



2.五感を使う



嗅覚、視覚、聴覚を刺激してイメージします。



たとえば、犬や猫をイメージすなら、どんな色?どんな感触?どんな匂い?



ダンスなら、練習している場所はどこ?どんな空気?どんな音?どんな天気?など。



こういったことを具体的に想像して、五感を意識したイメージを作ります。



3.やりすぎ注意



イメージトレーニングは体を動かすわけじゃないですが、かなり集中力が必要です。



あまり長時間やりすぎると疲れるだけで返って逆効果になります。



イメージトレーニング自体を継続させないと意味がないので、1日5分から始めて、イメージすることに慣れていきましょう。



「補足(イメージ作りのコツ)」

始めはスローモーションで正確な動きをイメージして、慣れてきたら実際のスピードでイメージを作っていきます。



見本がどんな風に動いているのか、足の動きや手の位置など細かく観察しましょう。



見本の動きを鮮明に頭に焼き付け、実際の練習ではそのイメージに従って体を動かすことで練習効果が飛躍的に高まります。



一流アスリートはイメトレも一流!



dc16-3.jpg


百獣の王でおなじみの、あの武井壮さんもイメージトレーニングを活用しており、「頭の中で"ああしよう、こうしよう"と思ったことを実際の動作でも行うおうとするのがスポーツ」だと言います。



この「ああしよう、こうしよう」がイメージトレーニングのすっごい重要な役割です。



たとえば、武井壮さんは高跳びをするときは、カッコいいとかキレイに飛んでいる選手を見つけて、よく観察し「動きのイメージ」を作り上げていたそうです。



「あのようなフォームで飛びたい」という明確なイメージを頭の中で映像化し、実践に生かしています。



その結果、競技歴わずか1年半で十種競技優勝。



武井壮さんの逸話はたくさんあるのですが、こういった経歴を見ても、イメージトレーニングの絶大な効果がよくわかります。



ダンスも同様にイメージトレーニングをするだけでも効果がありますが、イメージ通りに体を動かす能力も重要です。



体を上手く動かす能力の詳細はこちら
ダンスは基礎だけじゃない!運動音痴がグングン上達する方法



また、武井壮さんのイメトレ関連で言えば、十種競技で大ケガをし、医者に「一生歩けない」と宣告されたましたが、武井壮さんは自力で完治。



なんと、その治療法がイメージトレーニングなんです!



寝ながら人体の本骨を読んで骨の仕組みを勉強し、「自分の骨はこうなる」と言い聞かせ、頭で骨がくっついていくイメージをして治った、、とか。



ストレスで胃潰瘍になるくらいならその逆もイケる!と思ったそうです。



スーパーポジティブ、、
凄すぎて笑っちゃいます。( ̄▽ ̄;)



にわかに信じがたいかもしれないですけど、 イメトレの力は未知ですね。



まとめ



普通、ダンスは「動画やDVDなどの見本を見て、実践して、やりかたを見直す」といった、実際に体を動かして反復練習するのが定番です。



この体を動かす練習にイメージトレーニングを加えることで、習得までの時間をギュッと短縮できます。



やみくもにステップの練習をするよりも、イメージトレーニングを鍛えることで、効率的に上手くなります。



イメージトレーニングはちょっとしたスキマ時間にできるので、ダンス練習前や普段から継続してやっておくとその効果が目に見えて実感できますよ!


ダンスが早く上手くなりたいなら「●●練習」をしよう!

dc14.jpg


ダンスの上達は、どんな練習をしたかで決まります。



独学でダンスを始めたり、ダンススクールに通っていても、結局のところ自分で練習ができないと、いつまで経っても下手なまま、無駄にダンス歴だけが長くなってしまいます。



ダンススクールに通うだけで上手くなる人は、よほど才能がある人だけですからね。(^_^;)



では、早く人前で踊れるくらいダンスが上達するためには、どんな練習をすればいいのか。



それは、振り付けを中心に練習することです。



なぜ、振り付け練習が早く上手くなる練習方法なのか、それは「振り付けとは何か」を理解するとわかります。



ただ、振り付け中心といっても、初心者がいきなりそれをやるのは返って遠回りになるので注意が必要です。



ぜひ真似してほしい!ダンスが上達する人の特徴はこちら
>>ここが違う!ダンスが上手くなる人の「8つ」の特徴



振り付けはステップの組み合わせでしかない



dc14-1.jpg


振り付けは細かな動きが多く、人の数だけ表現力も違うので無限大にあります。



振り付けって何だか難しい複雑なイメージがありますが、振り付けは大まかに言えば、ステップを組み合わせた動きでしかないんです。



ダンスには沢山のステップがありますが、振り付けとなった場合、基本の形だけで踊るのではなく、応用させたり、オリジナルのステップとして、複雑に組み合わされています。



つまり、ダンスはステップや基礎を個別に練習するよりも、多くの振り付けを踊ることで、自然と体の使い方に慣れ、多様なステップが身に付くので、効率的にダンスが上達するとゆうことです。



振り付けの覚え方はこちら
>>振り付けが覚えられない原因とは?早く覚えるにはコツがある!



ただし、振り付け練習は落とし穴がある!



dc14-2.jpg


振り付けに使われているステップやリズムの取り方など、全ての動きには基本の形があり、基本が元になっています。



ある程度ダンスの知識や基本を理解していないと、一つ一つのステップが雑になってしまったり、変なクセがついたダンスになりやすいです。



ダンス未経験の初心者にとって、いきなり振り付け練習をするのはリスクがあるし、実は難易度が高い練習でもあります。



初心者の場合は、あくまでも「振り付けだけ」をひたすら練習するのではなく、



@ ダンスの基礎を理解することから始めて
A いろんなステップや技の応用力を身につけながら
B 振り付けに取り組む



このようにダンスを構成する要素(基礎)を学びながら、徐々に「振り付けを中心にした練習」に変えていくことが重要です。



一定のダンスの基本が身に付いていると、初めて見る振り付けでも、動き方やリズムの取り方が理解できるので、コツを掴みやすくなりますよ。(^^)b



「基礎→ステップ→振り付け」を効率的に身に付けるならこれ!
>>まるで個人レッスン!「ヒップホップダンス上達プログラム」であなたはこうなる!



基礎から振り付けまで一気に学べるので、初心者でも迷うことなくダンス練習ができますよ!



まとめ



振り付けを踊ることは上達に繋がりますが、まずは基礎やステップがおろそかにならないようにしっかり練習しましょう。



最短でカッコよく踊れるようになるためには、基礎をしっかり身に付けた上で、技やステップを一から丁寧に学びながら、振り付けをメインに練習することが大切です。



僕はこの練習スタイルで効率的に上達したので、初心者でも取り組みやすい「振り付けメインでステップも学ぶ」とゆう練習方法は本当にオススメです。



簡単な振り付けから始めて、徐々に難しい振り付けにチャレンジしてダンススキルを上げましょう。



難しい振り付けこそ、かっこいい動きが多く、多彩な上級テクニックが沢山あるので楽しいですよ!



>>基礎から振り付けまで一気にマスター!効率的に練習できる方法はこちら



自宅で学べる!ヒップホップダンス情報

top1.png

ヒップホップダンスの基礎完全網羅!
独学でも安心のわかりやすい丁寧な解説プロによる強力なサポート付きで、本格的にヒップホップダンスが自宅で学べる!!

>>全額返金保証付き!超効率的にヒップホップダンスを始める方法はこちら


ダンスの始め方・最新のDVD情報
ダンスの上達法・練習法
ダンスの入門・基礎
キッズダンス
ステップ・技の解説
30代・40代のダンス
ダンス衣装・ファッション
ダンスの準備・グッズ
ダンススクール
体のケア・筋トレ
ダンスの曲
スゴ技!ダンサー動画集
ダンスの疑問を解決
役立つ豆知識
プロフィール
kao.jpg
名前:とっしぃ
ダンスが趣味♪興味を持ったのは中学のときで、自由気ままに独学でヒップホップダンスを開始!一応、専門学校のダンサー専攻に在籍していました(^^)vいろんな経験を生かしてこれからダンスを始めたい初心者さんの役に立つサイト運営を目指しています!
検索ボックス
 
Copyright © 挫折しない!ヒップホップダンスが独学で上達する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます