ダンスの上達法・練習法のカテゴリ記事一覧

元ダンス学生の管理人による「これからヒップホップダンスを始めたい初心者」のための応援サイト!独学で上達する方法や挫折しないコツを幅広くご紹介!

カテゴリ:ダンスの上達法・練習法

ダンス練習で鏡は必要ない!?使いすぎや慣れが招く重大リスク

dc26.jpg


「ダンスは鏡を見ながら練習するもの」
「鏡がないとダメ」



これはよく言われることで、確かにダンス初心者のようにダンス感覚が全くない状態で、いきなり鏡のない練習は難しいでしょう。



でも、必ずしも鏡が必要というわけではありません。



もっと言えば、鏡ばかりで練習することで危険なリスクもあるのです。



ここでは鏡を使った練習のポイントや注意点、メリットデメリットをお伝えします。



練習着で迷っている方はこちら
>>何でもアリじゃない!ダンスの定番&おしゃれな練習着



何のため?鏡を使って練習する意味とは?



dc26-1.jpg


鏡を使う理由は、フォームチェックをするためです。



ダンスは人に見せるものなので、ちゃんと踊れているのか、ポーズや動きのチェックは欠かせません。



鏡がない練習は「なんとなくこんな感じかな〜」と自分の感覚で踊ってしまうので、間違った形で覚えやすくなります。



プロのようにダンスが体に染み込んでいて基礎も全て完璧に体が覚えている人ならいいですが、初心者のうちは鏡がない練習はちょっと危ないです。



鏡があればフォームチェックが簡単にできるし、自分の踊る姿を見ながら練習できるので、踊りのミスに早く気付いて修正することができます。



ダンスのフォームチェックだけでなく、チームで練習する時はフォーメーション(立ち位置)の確認にも役立つので、鏡があるダンス練習は非常に効率的なんですよね。



フォームチェックで重要なポイントはこちら
>>「ダンスの動きが変!」と感じたら?4つのポイントで即改善!?



危険!鏡練習が招く厄介なデメリット



鏡を使ったダンス練習は効果的ですが、反面、鏡慣れが招く大きなデメリットが5つあります。



ダンスが平面的になる



鏡を見ながら踊ると、体は正面を向いたままになります。


常に自分の姿をチェックしていると体が正面に固定され、ダンスの動きが平面的になり、全く迫力が出なくなります。


ダンスは動きが立体的に見えることで、雰囲気や迫力に繋がり、カッコいいダンスになります。


平面的なダンスにならないように、横向きや斜め向きなど、必ず多方向でフォームをチェックしましょう。



顔が正面を向いたままになる



常に鏡を見ながら練習することでフォームチェックする癖がつき、体だけでなく顔も正面を向いたままになります。


体をねじったり前に倒したり、どんな動きをしても常に前を向く状態って不自然でちょっと怖いですよね。


ダンスがうまい人は、体の動きに合わせて視線も自然と色んな方向を向くし、コントロールします。



目線が下がってしまう



ダンスはステップが多いので、練習中に足元ばかりを見てしまいがちです。


中には鏡に写る自分を見るのが恥ずかしくて、目線がずっと下に向いたまま練習している人もいます。


目線が下向きのクセがつくと、重心が下がったり体が前のめりになったりと、ダンスの動きに悪影響が出てしまいます。


練習中に目線が下がっていないか注意しながら、前を向いて踊ることを意識しましょう。



本番で踊れなくなる



鏡があれば自分の動きがチェックできるので、正しく動けるのは当たり前ですが、ダンスを見せる場所に鏡はないですよね。


鏡練習は「常に自分が見えている」とゆう安心感が生まれ、鏡に頼りきっている状態です。


鏡でしか練習していないと知らず知らずのうちに鏡に依存してしまい、お客さんを目の前にした本番では踊れなくなってしまいます。


これはダンススクールに通っている人に多いパターンで、自分の姿が見えない不安から、自信のない小さな動きになったり、振り間違えをしやすくなるんですよね。



チェックが甘くなる(ミスに気付きにくい)



フォームチェックのために、鏡を見ながらの練習は重要ですが、特に振り付けのように動作が多くなると、細かな部分までチェックすることはできません。


ステップにしても、足の高さ、幅、腕の使い方、軌道など、体が動く一瞬を一発で全てチェックするのは難しいですよね。


躍りながらだと、いくら鏡を見ていても大まかな部分しか確認できず、何度も躍り直してチェックして、、ってかなりしんどいし非効率。


鏡だけの練習は自分のミスに気づきにくくなるので、練習風景を動画で撮って残しておくと、映像で何度も繰り返し自分のダンスがチェックでき、ゆっくり研究できるので、しっかり細部まで修正できます。



ダンスの研究はセンス磨きに繋がります。
>>超効率的!ダンスが下手な人のセンスを磨く方法



意識を変えて「鏡アリとナシ」の練習が重要



dc26-2.jpg


鏡ありと鏡なしの練習では、どちらにもメリットやデメリットがあり、どちらの練習も必要です。



それぞれのメリットを生かして練習するために、状況に合った目的意識を持つことが大切です。



  • 鏡を使う時は視覚を重視し、踊る姿の全体像や細かなフォームチェックを意識する


踊る姿が見えることが鏡の最大のメリットなので、しっかり動きをチェックしたり、ダンスの見映えを意識しましょう。


カッコよく見えるステップやポーズなどを見つけるのもいいですね!



  • 鏡を使わない時は感覚を重視し、体でダンスを覚えることを徹底する


鏡を見なくても確実に踊れるようになるために、鏡がない場所での踊る感覚を養い、自分の力で自立して踊れるようになりましょう。
※ 練習動画を残して自分のダンス研究することもお忘れなく!



まとめ



ダンスは間違って覚えたクセを直すのが大変なので、最初から正しい形を覚えるためにも、鏡があった方が絶対にいいです。



でも、ダンスは本来、鏡ではなく自分の体を見ながら練習するものです。



自分の体がどう動いているのか、今、どこを動かしているのか、感覚を磨くことが重要なんですよね。



鏡がないと視覚を使わない分、体の動きとダイレクトに向き合えるので、踊る感覚や動かす感覚が養えます。



ダンスは体で動きを覚えないと意味がないので、鏡ばかりで練習するのではなく、鏡を使わない練習を意識的に取り入れてくださいね。



すぐにできる!ダンスを上手く見せる「5つ」のコツ

dc9.jpg


ダンスを始めたばかりだと、あまり上手く踊れないのは当然ですが、せっかくステージで踊るのだから少しでも上手く見せたいと思いますよね。



たとえダンス経験が浅くても、躍りを上手く見せるコツがあります。



ダンスが上手くなる人の特徴はこちら
>>ここが違う!ダンスが上手くなる人の「8つ」の特徴



ダンスの見映えが劇的に変わる!5つのテクニック



dc9-1.jpg


ダンスが上手くなるためには、基礎やダンススキルを磨く必要があるのは言うまでもありません。



でも、基礎も技術もそう簡単に身に付くものではなく、とても時間がかかることです。



ここでは、そんな時間のかかるダンススキルを上げるのではなく、今すぐにでもできる、ダンスを上手く見せる簡単な方法を紹介します。



笑顔を作る



dc9-2.jpg


ステージで踊っている時は基本的に笑顔を意識しましょう。



観客は踊っている時にどこを一番見ているかというと、ずばりです。



なので、踊っている時の表情や顔作りはとても大切なんです!



あなたも上手い人のダンスを見るとき、手足や体の使い方やダンステクニックより、顔を見ていることが多くないですか?



いくら振り付けを完璧に踊っていても、顔がムッとしていたり強ばっていると、ダンスが上手いとか下手の前に観客が楽しめません。



笑顔があるのとないのとでは観客に与える印象が全く違うし、たとえ振り付けを間違えても、笑顔で誤魔化せるとゆう素晴らしい効果もあります。(笑)



これは笑顔だけでなくノリ(楽しく踊る)も同様の効果があり、踊り手がノリノリだと観客もそれにつられて気分が高くなりますからね。(^_^)



笑顔を作るのが苦手って人もいると思いますが、鏡の前で笑顔を練習したり、無理やり作るのではなく、自分がダンスを楽しむことで自然と笑顔が出ますよ!



ただ、笑顔で踊るのは、場面、曲調、振り付けなどにもよるので、たとえば、ダンスバトルの場面で笑顔で踊ることはあまりありません。



ダンスショーなどのイベントで踊る時は、基本的に笑顔ですが、常に笑うのではなく、アップテンポの曲で笑顔をたまに見せるだけでも大丈夫です!



余裕があれば、シックな曲ならクールな顔で決めたり、イカツイ振り付けなら煽るような挑発的な表情にしたりと、曲に合わせて顔を作りましょう。



目線に気を付ける



dc9-3.jpg


笑顔と同じくらい重要なのが、目線です。



緊張や自信の無さから、恥ずかしい気持ちが勝って、表情が暗くなり目線も下を向いてしまいがちです。



目線がたまに下になるくらいならいいですが、ずっと下を向いていたり、挙動不審になるのだけは避けてくださいね。



下を向くのは人前で踊り慣れていないので仕方がない部分もありますが、目線が定まらず、キョロキョロしていると、見ている方も違和感を感じたり、あの子大丈夫?と不安に感じてしまいます。



目線は観客を見るのではなく、斜め上を見たり、決めポーズのような時にしっかり目線を前に送りましょう。



鏡練習も目線が下がりがちになるので、練習の時から目線に気を付けましょう!
>>ダンス練習で鏡は必要ない!?使いすぎや慣れが招く重大リスク



はっきり大きく動く



dc9-5.jpg


初心者でよく見られるのが、動きが小さくなっていることです。



動きが小さくなるのは、ダンスの基礎が未熟だったり柔軟性がないことが根本的な原因ですが、振りを間違えないか不安な気持ちからいつもよりさらに動きが小さくなっていることが多いです。



動きが小さい方が返って目立つので、大きく動く意識を持ちましょう。



また、動きをはっきりさせるために、たとえば、振り付けで手がグーなのか、パーなのか、振り付けがパーならしっかり手を開くなど、動きを確実に伝える努力をしましょう。



はっきり大きく動かすことで、ダンスが自信満々に見えて活気が伝わります。



体を大きく動かすための基礎「アイソレーション」の解説はこちら
>>基礎テク!ダンスのアイソレーション「首と胸」を動画で徹底解説!



止めを意識する



dc9-4.jpg


ダンスは常にリズムを刻みながら動いていますが、決めポーズをしたり、振り付けでピタッと静止することもありますよね。



この止めの部分でしっかり止まらないと、ダンスがグダグタに見えたり悪目立ちします。



静と動の切り替えがスムーズなのが一番ですが、これはキレを出すのと同じですぐにできるものではありません。



>>筋トレだけじゃない!ダンスのキレを作る方法



なので、"止め(止まること)"を意識するだけで見栄えが全然違います。



ピタッと止まると動きが揃っているように見えるし、ダンスにメリハリが出るので、"ちょっと踊れてる感"が出ますよ。



見た目に拘る



dc9-6.jpg


ダンスは"魅せるモノ"なので見た目も重要です。



プロのダンサーなら何を着てもダンスが上手く見えるし似合うでしょうけど、どんな人も踊るジャンルに合った服装や髪型にした方がダンスが良く見えます。



ヒップホップダンスはダボっとした服を着ることが多く、上下ともオーバーサイズを着たり、女の子ならパンツだけゆったり目のものを穿いていたりしています。



今の自分のダンスレベルのまま、より良いダンスを見せるなら髪型や服装に拘るだけでも全然違います。



ダンスの見た目は、髪型、服装、靴などがありますが、ヘアーアレンジ、キャップを被る、靴ひもを変える、リストバンドをつける、バンダナを巻く、奇抜なカラーを選ぶなど、様々な工夫ができます。



上から下まで全てに拘らなくてもいいので、できる範囲でok!
小物を身に付けるだけでもオシャレになりますよ!



また、大きめの服を着ることで、動きが大きく見える効果もあります。



ダンス衣装のオススメはこちら
>>メンズもレディースも豊富!ヒップホップダンス衣装のオススメのショップ



まとめ



ダンスを上手く見せるコツを紹介しましたが、厳密には、上手く見せるとゆうより、観客に与える印象を良くする方法です。



ダンスは結局、観客が楽しめないと意味がありません。



笑顔やノリ(楽しく踊る)を作って観客に与える印象を良くすることで、ダンスが下手でも観客は盛り上がるし、その結果、ダンスショーやイベントとしては大成功に繋がります。



自分のダンスショーを成功させるためには、まずは、あなた自身が楽しむ気持ちや自信を持つことが大切ですよ!


身近にある!初心者に最適なダンスの練習場所と探し方

dc23.jpg


独学にしてもダンススクールに通うにしても、自主練なしではダンスは上手くなりません。



練習は基本的に一人ですが、そこで悩ましいのが、どこで練習すればいいのか、練習場所選び(探し)の問題です。



ダンスはスピーカー同様、練習場所の確保も大切!



ダンサーは普段どんな場所で練習しているのか、初心者のダンス練習に最適な場所や、練習場所の探し方、適した条件などを細かく紹介します。



ダンスにオススメのスピーカーはこちら
>>スマホで楽々♪ダンスに使えるオススメの最新のスピーカー特集



ダンスの練習場所の条件と注意点



dc23-2.jpg


練習場所探しのチェックポイントは主に3つあります。



  • 自分の姿がチェックできる


自分の姿がチェックできる方がいいので、鏡がある場所がベスト。



鏡がなくても、窓ガラスのような自分の姿が少しでも確認できる鏡代わりになるものがあれば十分です。



  • 騒音の問題がない


ダンスは音を流して練習するので、爆音でなくても人に迷惑をかけてしまう可能性があります。



下手すれば通報されてしまうので、騒音に気を付けて自宅なら練習の時間帯、野外なら通行量が少ない場所を選ぶなどの配慮をしましょう。



  • 床や地面の状態がいい


特に路上で練習する際に、床がでこぼこしていたり、砂利になっているような足場が悪い場所があります。



足場が悪いと、膝を痛めたり、怪我の原因になるので練習は控えましょう。



練習場所の使用上の注意点



dc23-3.jpg


注意点は1つだけ。
ずはり、マナー厳守です。



ダンス練習は自宅や路上などがありますか、とくに路上での練習は注意が必要です。



公園や駅など土地の所有者の好意で開放されていたり、ダンスに寛容な場所もありますが、多くは勝手に使わせてもらっている状態です。



路上で練習していて注意された経験がある人もいるでしょう。



注意や警告だけならマシですが、マナーの悪さから練習禁止になった場所もあります。



ダンス練習に使う全ての場所は、ゴミをひらう、ポイ捨てをしないなど、最低限のマナーを守ることが絶対です。



あくまでも、使わせてもらっているので、感謝の気持ちを忘れずにキレイに使いましょう。



自宅練習の場合は足音や音量に要注意!



一人でも平気!ダンスに使える練習場所ってどこ?



ダンス練習で使われる場所を無料と有料に分けて紹介します。



有料編



dc23-1.jpg


  • レンタルスタジオ
  • 公共施設(公民館、体育館、会議室)


多少お金がかかりますが、施設を借りるメリットは、完全個室なら周りの目を気にせず、広いスペースでダンス練習に没頭できることです。



また、室内練習なので雨天に左右されないのもメリットですね。



デメリットはお金がかかることや、公民館や会議室などは鏡がなかったり、利用時間に限りがあります。



あと、必ずしも予約が取れるとは限らないので、早めに予約をしておきましょう。



  • レンタルスタジオ


ダンススタジオのレンタルは1時間2000円くらいです。



個人練習にしてはスペースが広すぎますが、音をガンガン流せるし、大きな鏡があるので使い心地は抜群です。



  • バンドスタジオ


意外と安いのがバンドスタジオ。



個人練習用だと1時間500円から800円くらいでレンタルできます。



部屋が狭いですが、鏡があったり、ダンス練習に使うことを伝えておくと、楽器を片付けてくれたりと対応してもらえることがあります。



  • 公共施設(公民館、体育館、会議室)


公民館も体育館も無料だったり、会議室だと鏡がないこともありますが、どれも1000円以下の料金で借りれることが多いです。



僕が前に住んでいた地域では、小規模だったのもあり公民館は無料でした。



体育館や会議室は利用時間にもよりますが午前中なら500円、18時以降は800円とかなり安かったので重宝しましたね。



どちらも施設の利用時間が21時までと短かったですが、体育館は巨大鏡があったので無料のダンス練習場所としては最高でした。(^o^)



無料編



dc23-4.jpg


  • 公園、駅、ビルや商業施設の周辺
  • 自宅(部屋、玄関、車庫、庭)


無料の場所でポピュラーなのが公園や駅などの路上練習です。



メリットは無料!



他にも、利用時間に制限がないことが多く、ダンスに寛容な地域なら鏡が設置されていたり、鏡がなくてもビルの大きなガラス張りが鏡代わりになるので練習に困りません。



デメリットは、路上は冷暖房がないので、夏や冬はキツいです。

通行人の邪魔になることがあるので、結構気を使います。(^o^;)



  • 公園、駅、ビルや商業施設の周辺


ダンス練習と言えば一番多いのが、駅前やビルなどの路上(ストリート)です。



駅のホームや営業時間が終わったビルなどのガラス張りを鏡代わりにして練習しているのを見かけたことがある人もいるでしょう。



一部の駅や公園ではダンス練習として許可されている場所もあるので、たくさんのダンサーがこぞって利用しています。



東京なら、中野ゼロホール、損保ジャパンビル(旧安田火災)、溝ノ口駅構内などが有名ですね。



  • 自宅(部屋、玄関、車庫、庭)


自宅は最も身近な練習場所です。



ダンスは両手を横に広げて物が当たらないくらいのスペースがあれば十分練習できます。



家だと一人でも平気だし、DVDを見ながら練習したり、家の中が無理なら車庫や庭なども練習場所になりますよ!



ダンス初心者に最適な練習場所はずばり、自宅!



dc23-5.jpg


大きな準備が要らない



僕がダンスを始めた頃に住んでいた場所は、ダンス練習に使える場所がまったくなかったので、場所探しに苦労しました。



なので、必然的に自宅練習がメインだったのですが、部屋や庭に巨大鏡を置くだけでダンススタジオに早変わりするので便利ですよ。



人目が気にならない



自宅は路上と違って、人目が気にならないし、気恥ずかしさもなく、自分のペースで練習ができます。
一人で練習するのに自宅を使うのはけっこう当たり前です。



路上は経験豊富な人や仲間内で練習している人が多いので、未経験の初心者がいきなり路上で練習したり、経験者の輪の中に飛び込むことはなかなかできません。



人に見られるのは緊張するし、何よりもダンスが未熟で肩身の狭い思いをすることもありますからね。(^_^;)



最初から友達やダンス仲間がいる人はいきなり外で練習をすることがありますが、個人でダンスを始めた人は自宅を練習場に使っている人が多く、ダンスではごく当たり前です。



路上練習に馴染めるようになる



ある程度踊れるようになれば路上練習にもすんなり馴染めるので、自宅練習の積み重ねは一歩踏み出す勇気や自信を養ってくれます。



僕も自宅練習から始めて、人に見られることに慣れるために、週に1回くらいから路上練習を取り入れていました。



最初は人の出入りが少ない公園を見つけて、窓ガラスが小さくてダンス練習には不便でしたが、一人でもくもくと練習してましたね。



外での練習に慣れたら少しずつ人が多い場所で練習したり、ダンサーが集まる場所に行きました。



ダンス経験豊富な人がいると刺激になるし、上手い人から直接ダンスを教えてもらえたり、情報交換をしたり、何よりもダンス仲間ができるので、ダンスライフがより充実します。



最初は緊張しますが、自宅練習でダンスに慣れてきたら、路上=ストリートでの練習を視野にいれましょう!



自宅練習で鏡がない時に役立つ!代用品や便利グッズを紹介
>>意外とダンスに使える!自宅練習で役立つ鏡の代用品



まとめ



ダンス練習できる場所は意外と多く、自宅でも普通に練習できます。



自宅だと軽めの練習になりますが、時間やお金に余裕があるならスタジオや会議室など大きな鏡のある個室で、たまには思いっきり練習するのも大切!



室内なので気候や人目を気にする必要がなく、個人練習に最高の環境ですから活用しましょう!



どんな場所で練習するにしろ、騒音や他人の迷惑にならないように気を付けて、マナーを守って利用してくださいね。



自宅で学べる!ヒップホップダンス情報

top1.png

ヒップホップダンスの基礎完全網羅!
独学でも安心のわかりやすい丁寧な解説プロによる強力なサポート付きで、本格的にヒップホップダンスが自宅で学べる!!

>>全額返金保証付き!超効率的にヒップホップダンスを始める方法はこちら


ダンスの上達法・練習法
ダンスの入門・基礎
キッズダンス
ステップ・技の解説
30代・40代のダンス
ダンス衣装・ファッション
ダンスの準備・グッズ
ダンススクール
体のケア・筋トレ
ダンスの曲
スゴ技!ダンサー動画集
ダンスの疑問を解決
役立つ豆知識
プロフィール
kao.jpg
名前:とっしぃ
ダンスが趣味♪興味を持ったのは中学のときで、自由気ままに独学でヒップホップダンスを開始!一応、専門学校のダンサー専攻に在籍していました(^^)vいろんな経験を生かしてこれからダンスを始めたい初心者さんの役に立つサイト運営を目指しています!
検索ボックス
 
Copyright © 挫折しない!ヒップホップダンスが独学で上達する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます