カテゴリ:入門・基礎

ダンスで重要な6つの基礎とは?基本との違いも解説!

dc59.jpg


ダンスの基礎と聞くと、リズムトレーニングのような技術を思い浮かべますが、実は技術以前に大切な基礎があります。



ここではダンスの基礎とは何か?基本との違いを解説します!



基礎以前に重要なストレッチもお忘れなく!
>>ほとんどの人がやってる!ダンス前のNGストレッチと6つの解説動画をご紹介!



基礎と基本ってなに?



dc59-1.jpg


基礎も基本も「物事が成り立つ元になるもの」ですが、二つは似て非なるものです。



辞書ではこのようになっています。



1.ある物事を成り立たせる、大もとの部分。もとい。「基礎がしっかりしているから、上達が早い」「基礎を固める」「基礎知識」
2.建造物の荷重を支持し、地盤に伝える最下部の構造物。地形 (じぎょう) ・土台など。
引用:goo辞書

判断・行動・方法などのよりどころとなる大もと。基礎。「基本の型」「基本を身につける」「基本に忠実な演技」
引用:goo辞書


家にたとえると、建物の土台となるのが基礎、骨組みや床や壁などが基本とイメージするとわかりやすいと思います。



基礎(土台)の上に成り立つのが基本(軸)といわれ、スポーツなら基礎体力という言葉がありますが、体力は基礎のひとつです。



基礎である体力を生かして、競技の軸となる正しい基本動作を身につけるのが基本。



そして、軸となる基本があるからこそ、その一部を変えてさらに応用させることができます。



小難しいですが、じゃあ具体的にダンスの基礎って何があるの?って思いますよね。



これから僕が思う基礎を紹介します!



ダンスに必要な基礎ってなに?



dc59-3.jpg


ダンスの基礎は主に5つあります。



知識



知識もダンスを始めるときに必要な基礎!



ダンスにハマっていくと、どんなダンサーがいて、どんな曲があって、どんなイベントがあって、どんな技があって、と、自然と知識が増えていきます。



でも、ダンスを始める上で、まったく知識がないままだと「できない」「わからない」で何もできません。



間違った知識を学んだり、知識ばかり詰め込んで頭でっかちになるのはよくないですが、ダンスを始めるのに最低限、



■ どんなジャンルがあるのか?
■ どんな基礎があるのか?
■ カウントの数えかたは?



これくらいは知っておかないと、ダンスの上達以前にダンススクールに通ったり、ダンス練習自体ができません。(^o^;)



ヒップホップのジャンルの解説はこちら
>>ヒップホップダンスの種類-自分のスタイルを見つけよう-



体力や筋力(基礎体力)



体力や筋力は基礎体力とされています。



ダンスを続けていると、ダンスに必要な体力や筋力はそれなりに身に付きますが、体力も筋力もない状態でやるのと、ある状態でやるのとは大違い。



スタミナがないがと十分な練習ができないし、筋力が弱いとバランスが崩れたりするので、積極的に強化することでダンスの技術を効率的に習得できます。



たとえば、体幹を鍛えれば体の軸が強くなることでブレないダンスになり、ターンやステップなどのコツを掴みやくなったり、動きにキレが出たり瞬発力が身に付くため、以前のダンスとは見違えます。



また、筋力や体力があれば、スポーツにかかる負荷やダメージによるスタミナの消耗を軽減させる効果も期待できます。



ダンスに必要な技術練習だけでなく、その元となる土台が大きければ大きいほど、より高度な技術を習得することが可能です。



ダンスで役立つ体幹トレーニングはこちら
>>腹筋は効果なし!?ダンスで本当に必要な体幹の筋トレとは?



柔軟性



多少、身体が硬くても問題ないですが、固すぎるとダンスの動きも硬くなってしまいます。



また、あまりにも身体が硬いと、体の可動域が狭くなり、ダンスの動きが制限されてしまって、ダイナミックに踊れません。



ダンスに迫力がなくなるだけでなく、怪我の原因にもなります。



アイソレーション



ダンスの基礎(基礎技術)と言えば、真っ先に思い付くのがアイソレーション。



アイソレーションには「独立」という意味があり、首や胸など、体の一部分だけを動かすことでコントロール力を養い、各部位の可動域が広がります。



アイソレーションができないと、体をはっきり動かせないので曖昧なダンスになったり、ぎこちない初心者のダンスになってしまいます。



基礎中の基礎であるアイソレ―ションが向上すれば、動きの中に加えることで動きが立体的になり、雰囲気も一変します。



アイソレーションのコツはこちら
>>基礎テク!ダンスのアイソレーション「首と胸」を動画で徹底解説!



リズム感



ダンスは、曲(音)に合わせてリズムをキープしながら踊ります。



ヒップホップダンスのようなリズムを重視した踊り方には必須です!



いくら踊れる体になっても、リズムが取れない状態では、躍りではなく動いているだけになってしまいます。



リズムトレーニングは、曲に合わせてリズムをキープしながら体を動かす練習で、

アップやダウンなどリズム取りのフォームやダンス独特のリズム感(音楽に体を乗せる)を身に付けます。



リズム感がなくても、リズムトレーニングで身に付きますが、このトレーニング自体が難しくて、曲に合わせて体を動かす以前に曲のリズムが掴めずに悩む方もいます。



リズム感はいくらでも養うことができ、日頃から音楽を聴くことも効果的です。



リズム感を鍛える方法はこちら
>>動画でわかる!ダンスに必要なリズム感の鍛え方



忘れちゃダメ!最も重要な6つ目の基礎はマインド



dc59-2.jpg


ダンスは体が資本。



体力やスタミナといった身体面や、アイソレーションやリズムトレーニングといった技術面は重要な基礎ですが、それ以前に忘れてはならないのがマインド=心構えや気持ちです。



もちろん、基礎を身に付けない限りダンスは上達しませんが、「ここが違う!ダンスが上手くなる人の「8つ」の特徴」に書いたように、上達する人と下手なままの人との違いは、意外と身体能力よりも気持ちや考え方など、精神的な部分がけっこう大きいです。



何事も強い気持ちがなければ、ダンスが上手くなる以前に続かないし、諦めてしまいがちです。



あなたがダンスで挫折しないために、夢や目標を達成するためには、心構えや冷静な思考力もダンスの基礎を作る上で重要なことだと思います。



基礎は大切ですが、30歳からダンスを始めたい方はこちらも参考にしてください
>>ダンスをやるなら30代がラストチャンス!?年齢の壁とは?



まとめ



ダンスは、マインド(心や気持ち)も重要な基礎の要素です。



ダンス技術の基礎であるアイソレーションやリズムトレーニングを向上させるためにも、それ以外の心、体力、柔軟などに目を向けて意識してみてくださいね!





タイミングが重要!ダンスの基礎「アップとダウン」のコツ

dc36.jpg


ダンスのアップとダウンは、ダンスの基礎であり、欠かせないリズムの取り方です。



どちらも膝を曲げて伸ばすような簡単な動作ですが、上手くリズムを取るためのコツやできない意外な理由があるので参考にしてくださいね!



ダンスの見映えを左右する!リズム取りと同様に重要なダンスの基礎はこちら
>>基礎テク!ダンスのアイソレーション「首と胸」を動画で徹底解説!



ダウンのリズムの取り方







down1.jpg
@ 足を肩幅に広げてその場で膝を曲げる
A 膝を曲げるときに腕を上にあげて、膝を伸ばすときに腕を下げる
※ 腕の使い方は自由


ダウンの練習方法とコツ



ダウンは、下でアクセントを取るリズムの取り方です。

1(ワン)2(ツー)3(スリー)4(フォー)とカウントを取り、ワンのタイミングで足を曲げている状態です。



  • 胸を少し引く

down2.jpg

膝を曲げるときに、胸を少し後ろに引きます。胸とオヘソを近づけるイメージで、肩ではなく胸を奥に引っこめます。



  • 重心の取り方に注意

down3.jpg

重心が後ろに傾くと、膝が前に出たり腰がそれたりするので、膝や腰を痛めてしまいます。胸を後ろに引いて膝を曲げるときに、空気イスのようにお尻を真下に沈める意識でリズムをとりましょう。



ダウンの改善ポイント



ダウンの場合はその場ではうまくできても、ステップを混ぜて動きながらダウンのリズムを取るとなると急にできなくなる人が多いです。



準備姿勢(膝を伸ばす)が整っていないとダウンができないので、膝を柔らかく使って、足を伸ばすことを意識しましょう。



アップのリズムの取り方







up1.jpg
@ 足を肩幅に広げて膝を曲げて、1(ワン)のタイミングで膝を伸ばす
A 膝を伸ばすときに腕を前に振り、膝を曲げるときに腕を後ろに振る
※ 腕の使い方は自由


アップの練習方法とコツ



アップとは、上にアクセントを持ってきて音を取るリズムの取り方です。


1(ワン)2(ツー)3(スリー)4(フォー)とカウントを数えて、ワンのタイミングで足を伸ばす状態がアップです。



  • 準備姿勢を意識する

up2.jpg

アップはダウンとは違って膝を曲げた状態がスタートの姿勢です。

ダウンは普通に立っている状態(スタートの姿勢)から膝を曲げるだけなので簡単にできますが、アップはスタートのタイミング=膝を曲げるタイミングを取るのが少し難しくなります。

膝を曲げないとアップができないので、1(ワン)のタイミングで膝を伸ばせるように準備姿勢ができているか注意しましょう。



  • 胸を少し張る

up3.jpg

アップのリズム取りは膝を伸ばしながら軽く胸を張ります。膝を伸ばす時にしっかり地面を踏んで床を押すイメージです。



アップの改善ポイント



アップができない人は、足を曲げるというアップの準備姿勢がちゃんとできていません。



これは準備ができていないというより、準備のタイミングがわからないことが原因です。



1(ワン)のタイミングでアップをするためには、ワンの前のカウントの&(エン=裏拍)を意識します。



カウントには、&1&2&3と表(数字の部分)と裏(&の部分)があるので、アップの場合は&部分が準備=足を曲げるタイミングです。



カウントで説明するとややこしいかもしれませんが、1(ワン)2(ツー)3(スリー)とカウントを数えながら手拍子をして、手拍子が鳴るタイミングでアップができるように、手拍子と手拍子の間(裏拍)で膝が曲がるように意識してタイミングを掴みましょう。



カウントの解説はこちら
>>カウントの数え方と用語の解説



アップとダウンの注意点とコツ



アップやダウンの方法を解説しましたが、改めてリズム取りの注意点やコツをまとめました。



力を抜く



余計な力が入ると動きが固くなるので、全身の力を抜いた状態で膝を曲げてリズムを取ります。



力を抜いた状態(普段の姿勢)で姿勢が悪い人もいます。僕もですが、猫背だったりデスクワークの人は巻肩になっているなど。



姿勢が悪い状態で膝を曲げたり伸ばしたりすると、重心がズレてバランスが悪くなったり、膝や腰に余計な負担がかかってしまいます。



この場合は、真っ直ぐを意識してから力を抜いて姿勢を作り、アップやダウンのリズムを取りましょう。



リズムを取るときは、体が前後に傾いたり揺れていないか注意し、真っ直ぐの上下でリズム取りができているか姿勢をチェックしながら行ってくださいね。



膝だけを使わない



アップもダウンも基本は膝を曲げる動作ですが、膝だけでリズムを取ると膝を痛めてしまいます。



膝を曲げるときに、上半身をやわらかく使う意識を持ってください。



このときに胸も意識して、アップなら膝を伸ばしたときに前に出す(少し反る)、ダウンなら膝を曲げた時に胸を引いて、体全体でリズムを取りましょう。



リズムキープを忘れない



特にダウンでよくあるのが、ダウンのリズムがあやふやになって、アップなのかダウンなのかわからなくなってしまうこと。



たとえば、しゃがむための準備姿勢を意識しすぎて足を伸ばしすぎたり、伸ばしたときに上でリズムを取ってしまい、ダウンのリズムが弱くなったり途切れてしまうことがあるので要注意。



ダウンかアップかリズムが曖昧にならないように、まずはしっかり膝を曲げる、そして、下(ダウン)でのリズム取りを意識して、リズムがキープできるように、膝をバネのように柔らかく使い、ダウンのリズムが途切れないようにしましょう。



アップは、膝を曲げるときに腰を下げて地面をしっかり踏む、そして体を押し上げて上でアクセントを取ります。



アップダウンのコツはたくさんありますが、どうしてもできない・・ダンスの基礎が苦手・・という方でも丁寧な解説があれば問題なし!詳細はこちら
>>自宅に居ながら個人レッスンが受けられる!ヒップホップダンスの基礎を一からマスターできる方法



リズム取りに動作を加えてダンスに慣れていく



ダンスはリズムを取りながら腕や足を動かして踊ります。



最初はその場で足を開いてリズムを取ることから始めて、慣れてきたら足踏みしたり横に移動したり、アイソレーションを取り入れたりと、ステップを加えながらリズムトレーニングを行いましょう。



アップやダウンのリズム取りは、胸だけや膝だけでリズムをとるのではなく、頭、胸、膝を連動させて体全体を使って行います。



そのときに、腕を振ったり曲げたりして、腕をうまく使うと見た目がよくなるので、腕の使い方も大切ですよ!



自分のダンスを見直すポイントはこちら
>>「ダンスの動きが変!」と感じたら?4つのポイントで即改善!



姿勢だけじゃない!リズム取りができない意外な原因



リズム取りは準備姿勢だけでなく、足の筋力が弱いとしっかり体重を支えられないのでうまくリズムが取れません。



また、その場でのリズム取りは問題がない人でも、ステップが入ると姿勢が崩れたりリズムがズレていく人がいます。



これは単純に曲のリズムよりも早取りになっていることもありますが、足の筋力に左右差がある可能性があります。



たとえば、右足はしっかり体重を支えられても、左足の筋力が弱いと左足に体重をかけたときに同じように支えられず、バランスが崩れてリズムがズレてしまいます。



アップやダウンが上手くできない人は、もしかすると筋力不足かもしれないので、リズム取り残りの姿勢やタイミングだけでなく筋力チェックも行ってみてください。



筋力の左右差や足の筋力が弱いとダンス上達の弊害になります。
筋トレやからだの姿勢をちょっと直すだけでも改善されますよ。



関連記事はこちら
>>重心のズレは致命的!?ダンスの体重移動をスムーズにする3つのコツ



まとめ



リズムの取り方は、アップやダウン以外に前ノリや後ろノリなどがありますが、中でもアップとダウンは基本中の基本です。



準備姿勢はがっつり足を曲げたりピンと足を伸ばしきるのではなく、力まずにバネのように膝を柔らかく使うのがポイントです。



また、ダウンなら胸を後ろに引く、アップなら少し反るので、膝だけでなく上半身の動きが硬くならないように意識します。



最初は曲に合わせてリズムを取ったり、タイミングを合わせるのが難しいですが、まずは正しいフォームでできるように姿勢をチェックしてマスターしてくださいね!



リズム取りはとにかく練習して体で覚えるしかありませんが、膝を酷使するのでやり過ぎに注意して練習を行って下さい。




基礎テク!ダンスのアイソレーション「首と胸」を動画で徹底解説!

dc37-1.jpg


アイソレーションは、簡単な動きなのに何故かできない難しい基礎のテクニック。



何をどう動かせばいいのかわからず、感覚がつかみにくいので一苦労するんですよね。



他の部位と比べて、首はそもそも動かせない人が多く、とくに左右にスライドさせるのは初心者が最も苦労する部分です。



そこで、ダンスの動きのアクセントやリズム取りでよく使う、「首」と「胸」のアイソレーションの練習方法を解説します!



アイソレーションとは?



既に知っている人もいると思いますが、まずはアイソレーションについての説明をします。



アイソレーションとは、首、胸、腰、肩など、体の部位をコントロールして単独で動かす技術です。



何だか小難しい説明ですが、ようは、ボディコントロールのこと!



指を曲げる、首を右に傾ける、胸を前に出す、腰を回す(ロール)など、体の部位を使った色んな動作があります。



アイソレーションでわかりやすいのが、アニメーションダンスやポッピンです。







動画にある胸だけがボコッと前に出たり、首を固定させて肩を動かすなど、このような摩訶不思議な動きは、アイソレーションやボディコントロールを極めてこそ成せる技!



アイソレーションは、迫力のある動きや、高度なダンステクニックを身に付けるために、非常に重要な技術なのです!



アイソレーションに使える曲はこちら
>>初心者でもリズムが取りやすい!ヒップホップダンスの練習曲



うまくやるコツと注意点



アイソレーションの練習方法の前に、ポイントや注意点を紹介します。。



力みすぎない



アイソレーションは体幹を使うので、不馴れなうちは変に力が入って力んでしまいがち。

体がガチガチになったり息が止まってしまうこともあるので、リラックスして行いましょう。



無理に大きく動かさない



可動域を広くするために、なるべく大きく動かして最大を引き出すことを意識しますが、無理に体を大きく動かすと形が崩れてしまいます。

まずは小さめに動かして少しずつ可動域を広くて動作に慣れましょう。



姿勢に要注意



巻肩だったり猫背だと肩甲骨が開いてしまっているので、自動的に手や胸などの体の可動域が狭くなってしまいます。

自分の姿勢がどうなっているのかチェックしましょう!

重心のズレは致命的!ダンスで体重移動をスムーズにする3つのコツ」にも書いていますが、不良姿勢はダンスに悪影響があるので改善しましょう。



キレイな形を目指す



これはアイソレーションの動きに慣れてきてからの注意点ですが、いくら体が大きく動いても形が汚いと意味がありません。

見た目を良くするために、ある程度大きく動かせるようになってきたら、今度はキレイな形でできるように微調整しましょう。



鏡を使う



基礎を間違った形で覚えないために、なるべく鏡の前で行ってください。

上半身が写ればいいので、大きな全身鏡でなくても、100均に売っているようなA4くらいの鏡や洗面台の鏡で十分です。

鏡が無い人は、携帯で動画を撮って確認したり、「意外とダンスに使える!自宅練習で役立つ鏡の代用品」を参考にしてください。



首のアイソレーションの練習方法







首のやり方とコツ




ask01.jpg
@首を左右に動かす
(正面(真ん中)→ 左 → 戻す → 右 → 戻す)
ask06.jpg
A首を前後に動かす
(正面(真ん中) → 前 → 戻す → 後ろ → 戻す)


  • 最初は腕を使う

ask5.jpg

首は、肩が少し上がるだけで動かしやすくなるので、首のアイソレーションを体感するために、最初は画像のような形から取り組んでください。

首を左右に動かす場合は腕を丸にして顔を囲む、前後に動かす場合は腕を組む方がやりやすいです。

慣れてきたら腕を使わずに肩をだんだん下げて、普通の姿勢からできるようになりましょう。



  • 水平に動かす(正面を向く)

ask3.jpg

首を左右に動かすときに、腕が斜めにならないように注意してください。

左右に動かすときに、顎だけを使うのではなく、正面を向いて水平に移動させましょう。



  • 肩を水平に保つ

ask2.jpg

首を上下左右に動かすときに肩に力が入りやすいので、肩が上下にぶれないように水平に保ちましょう。



  • 顎を引く

ask4.jpg

顎が上がってしまうと、フォームが崩れたりしっかり動かないので、顎を引いて行いましょう。前後はにわとりを意識するとやりやすいですよ!(笑)
(画像は前後に移動させていますが、左右に移動させるときも同様です)



胸(上半身)のアイソレーションの練習方法







胸を動かすやり方とコツ




asm01.jpg
@胸を左右に動かす
(正面(真ん中) → 左 → 戻す → 右 → 戻す)
asm04.jpg
A胸を前後に動かす
(正面(真ん中) → 前 → 戻す → 後ろ → 戻す)


  • 肩だけで動かさない

asm2.jpg

胸を左右に動きはときは、肩が斜めにならないように水平に保ちましょう。



  • 前のめりにならない(姿勢を崩さない)

asm3.jpg

胸を後ろに引っ込めるときに、腰を引いたり、前に重心がいくと姿勢が崩れてしまうので注意。

これは、胸を後ろだけでなく、前、右、左とすべての方向に動かすときの注意点ですが、胸ではなく肩だけを使って動かしてしまう人が多いので、肩を先に移動させるのではなく、胸を前後に出したり引くときに、その流れで肩が連動して動くという意識を持ちましょう。



【補足】


dc37.jpg

肩や胸のストレッチ動作を行うと、前後に胸を出したり引く感覚が掴みやすくなります。

胸を前に出すときは、腕を後ろに伸ばして、甲骨を寄せて胸をそる。胸を後ろに引くときは、画像のように腕を前に出して肩甲骨を開いて丸める。



さらにレベルアップ!上級者向けのアイソレーション



アイソレーションは、上記で紹介したように、首や胸を左右前後の4方向に動かすのが基本ですが、それだけでは高度なダンステクニックは身に付きません。



4方向に慣れてきたら、ワンランクアップを目指して、斜めの方向(赤色の矢印)を取り入れて8方向で行いましょう。



8方向をわかりやすく表すために、真上から見た頭の図にしてみました!
下にある▼は鼻のつもり。(笑)



asr8.jpg

前(▼の部分) → 左斜め前 → 左 → 左斜め後ろ → 後ろ → 右斜め後ろ → 右 → 右斜め前



このように8方向に動かす練習をすると、さらに体を細かくコントロールできるようになってダンスの幅が広がります。



まずは、基本の4方向(前後左右)から始めて、それができるようになったら8方向を練習してマスターしてくださいね!



基礎はなかなか厄介



ストリートダンスの基礎は、最初で最後の難関です。



基礎の中でもアイソレーションは、わかりにくい、やり方がわからないなど、基礎すらまともにできないことは決して珍しくありません。



ここでは首と胸のアイソレーションを紹介していますが、他にも腰や肩などもマスターしなければならず、アイソレーションは想像以上に難しい基礎テクニックの一つです。



でも、基礎のやり方をしっかり理解して反復練習をすれば、少しずつ必ずできるようになりますよ!



効率的に基礎が一から身に付く方法はこちら

>>ヒップホップダンスを徹底解説!基礎から振り付けまで一気にマスターできる方法はこちら



ダンスはアイソレができてなんぼ!



基礎は疎かにしたり、練習をするにしても、楽な姿勢でやるのと目一杯の可動域で動かすのとでは、雲泥の差が生まれてしまうもの。



ダンスが上手くならない人や下手な人は、この基礎が圧倒的に未熟です。



アイソレーション=ボディコントロールを養うことで、踊る姿が立体的になり、いかにも素人っぽい動きが一気になくなります。



技術は基礎があってこそ身に付くもの!

土台である基礎力が上がれば、見違えるくらいダンスが変わりますよ。



基礎練習はかなり地味ですが、アイソレーションでしっかりと土台作りを行ってくださいね。



まとめ



アイソレーションは動きを覚えるとゆうより、体に染み込ませましょう。



楽な範囲で動かしても可動域は広くならないし、向上しません。



最初はできなくても、ちゃんと練習すれば必ず可動域が広がっていくので、根気強く続けてくださいね!



自宅で学べる!ヒップホップダンス情報

top1.png

ヒップホップダンスの基礎完全網羅!
独学でも安心のわかりやすい丁寧な解説プロによる強力なサポート付きで、本格的にヒップホップダンスが自宅で学べる!!

>>全額返金保証付き!超効率的にヒップホップダンスが身に付く方法はこちら


ダンスの上達法・練習法
ダンスの入門・基礎
キッズダンス
ステップ・技の解説
30代・40代のダンス
ダンス衣装・ファッション
ダンスの準備・グッズ
ダンススクール
体のケア・筋トレ
ダンスの曲
スゴ技!ダンサー動画集
ダンスの疑問を解決
役立つ豆知識
プロフィール
kao.jpg
名前:とっしぃ
ダンスが趣味♪興味を持ったのは中学のときで、自由気ままに独学でヒップホップダンスを開始!一応、専門学校のダンサー専攻に在籍していました(^^)vいろんな経験を生かしてこれからダンスを始めたい初心者さんの役に立つサイト運営を目指しています!
検索ボックス
 
Copyright © 挫折しない!ヒップホップダンスが独学で上達する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます