カテゴリ:入門・基礎

一目でわかる!ヒップホップダンスとブレイクダンスの違いとは?

dc31-01.jpg


ヒップホップとブレイクダンスは、ストリートダンスの中でも、飛び抜けてダンス人口が多い超人気ジャンル!

気になっている人は多いんじゃないでしょうか。



ここでは2つのジャンルの違いを動画を交えて解説します。



ストリートダンスを始めたいけどどっちにしようか迷ってるって人も参考にしてくださいねー!



ヒップホップダンスの特徴はリズム取り!



ヒップホップダンスの特徴は、アップやダウンのリズムを取りながら大きく踊ること。



YOSHIKI & Akanen(1:03)

※YOSHIKI...三浦大知、東方神起、SMAP、w-inds、AI、などのバックダンサー、振り付け、PV出演など
AKANEN...SMAP、剛力彩芽、BoAなどのバックダンサー、PV出演、CM出演など



動画はR&Bですが、曲によってダンスの雰囲気がかなり変わります。



立って踊ることが主で、リズムをキープしながら、身体を部分的に動かしてコントロールしながら踊ります。(アイソレーション)



ヒップホップダンスは、いろんなジャンルが融合されているので特徴がわかりにくく、多種多様なスタイルがあります。



>>ヒップホップダンスの種類-自分のスタイルを見つけよう-



ブレイクダンスの特徴は床!



ブレイクダンスの一番の特徴は、床を使った派手な技が多いことです。



TAISUKE(1:48)

※TAISUKE...日本を代表するブレイクダンスのパイオニア!国際大会で優勝しているトップダンサー



ヒップホップダンスのように立って踊ることもありますがバリエーションが少なく、床に手をついてステップを踏んだり(フットワーク)、クルクル回ったり、逆立ちになったりと、アクロバティックな技を使います。



ブレイクダンスは、立ち踊りよりもフロアー(床)を使った動きが中心なので、非常にわかりやすいジャンルです。



また、ブレイクビーツ(歌詞がないリズムだけの音/曲の間奏部分)を使って踊るのも特徴です。



どちらも同じストリートダンス!



dc31.png


ブレイクダンスは床を使ったアクロバティックな技が多く、立ち踊り=ダンスとゆうイメージからダンスじゃないと思っている人もいます。



ですが、ヒップホップダンスやその他のジャンルと同じように、ブレイクダンスも同じストリートダンス!



ヒップホップとブレイクダンスの見た目は全くの別物ですが、歴史上、ヒップホップダンスはブレイクダンスの影響を受けているため、深い繋がりがあるのです。(^o^)



>>ヒップホップを知ろう!起源や歴史を紹介



初心者がストリートダンスを始めるならどっちがいい?



dc31-2.jpg


こればかりは好みなので、あなたの興味がある方を始めればいいと思います。



ただ、ブレイクダンスは、ある程度の筋力がないと習得できない技が多く、大きなケガのリスクも高いです。



その反面、派手な動きで目立つので、ブレイクダンスができると、誰が見ても盛り上がるし感動が得られます。



僕的には、流行りのダンスが踊れたり、身体的にも長く踊り続けられるヒップホップダンスがオススメ!



ヒップホップダンスに派手な大技はあまりないですが、ブレイクダンスやロックのなど、ヒップホップ以外のジャンルを多く取り入れるので、他ジャンルが総合的に身に付きます。



また、アーティストのダンスが踊れるようになるし、ブレイクダンスよりもはるかに習得が早いので初心者でも楽しいですよ!



>>超効率的!ヒップホップダンスの基礎を一から練習する方法はこちら



まとめ



ヒップホップとブレイクダンスの決定的な違いは、



  • ヒップホップダンスは立ち踊り中心
  • ブレイクダンスは床を使った動きが中心


とゆう部分です。



特にブレイクダンスは特徴的なジャンルなので、動画を見ても一目瞭然!



ストリートダンスの中でも、ヒップホップダンスとブレイクダンスは1、2を争う人気ジャンルなので、踊れるとカッコよさがグンと増します。



ヒップホップダンスではブレイクダンスの技を取り入れることがありますが、それができるとかなり盛り上がるのでぜひ練習してくださいね!



ブレイクダンスの技はこちら
>>女性でも簡単!ダンスが盛り上がるアクロバットな技



動画でわかる!ダンスに必要なリズム感の鍛え方

dc11.jpg


ダンスはリズム感が大切ですが、運動音痴と同様にリズム感が悪くても心配いりません。



リズム感は特別難しいトレーニングをしなくても、普段の生活の中で簡単に鍛えることができます。



リズム感がない人の特徴、タイプ別のトレーニング方法やおすすめアプリを紹介しています。



リズム感を鍛えるならメトロノーム!



dc11-1.jpg


リズム感とは、拍を感じる力です。



メトロノームはカチカチとゆう音しかないので、ダイレクトにリズム(拍)を意識でき、リズム感を鍛える初歩トレーニングに最適です。



メトロノームは実物を用意しなくても、youtubeの動画や無料アプリをダウンロードすればメトロノームの音が手軽に入手できますよ!



メトロノームでリズム感を鍛える具体的な2つの方法



  • ステップ1「表と裏のリズム取りに慣れる」
【メトロノームの参考動画】
※ メトロノームのテンポはBPM80〜100がリズムを取りやすいです

@メトロノームのカチカチと鳴る音(表拍)に合わせて、手拍子をしてリズムを取る

Aカチカチの音でリズムを取ることに慣れたら、今度はその逆で、今まで叩いてた所の間(裏拍)に手拍子や声を入れる

mt.png

※ 左右(カチカチと鳴る部分)が表拍、真ん中(無音)が裏拍に当たります

カチカチと鳴る音の間(裏拍)に、ウンやハイなど声を出しながら手拍子を入れ、裏拍のリズムを取る(「カチ(ウン)カチ(ウン)」とゆう具合)

※ 手拍子だけにして、ウンの部分は心の中でつぶやいてもok

最初はメトロノームを見ながら、表拍と裏拍に合わせて手拍子をしてもいいですが、音だけでリズムがとれるようになりましょう


  • ステップ2「リズムを取りながら動いてみる」
【体でリズムを取る参考動画】


@カチカチの音(表拍)に合わせて足踏みなどのステップをして、ウンの部分(裏拍)は手拍子を加える

参考動画はメトロノームに合わせて、表拍でサイドステップ + 裏拍で手拍子をしています

カウントの数え方が裏拍を意識しやすいように11.12.13.14と数えて、この4つのカウントを繰り返す方法になっていますが、ダンスは8カウントが基本です

1から8までのカウントで「ワン(エン)ツー(エン)スリー(エン)..」と数え方を変えた練習もした方がいいでしょう

※ エンの部分は裏拍
動画は歌を混ぜていますが、歌わなくてもok


紹介したトレーニングは、メトロノームの音に合わせて同じテンポで手拍子を続けられるように練習してリズム感を鍛えます。



ステップ1やステップ2のトレーニングに慣れてきたら、メトロノームではなく、好きなアーティストの曲やダンスに使う曲を使って、同じ動作で練習しましょう。



最後の方で、リズム感トレーニングに向いている曲をいくつか紹介しているので参考にしてくださいね。



あなたはどっち?リズム感がない人の特徴と克服方法



ダンスでリズム感がない人は、大まかですが2つのタイプに分かれます。



次第にリズムがずれていく



dc11-2.jpg


最初は曲とリズムが合っていたのに、いつの間にかズレてしまうタイプ。



これは音を早く取っていたり(音よりも先に体が動く)、一定のリズムがキープできていない状態です。



音の早取りはリズム感がない人だけでなく、初心者全体によく見られます。



音とリズムがズレないようにするには、第一に音(曲)をしっかり聞くこと。



初心者は躍りに集中するあまり、音(曲)をしっかり聞けていないため、リズムが早取りになってしまっています。



リズムが音からズレないようにするためには、ステップ2のような、足踏みをしながらリズムを取る練習をすると、音に合わせて一定のリズムがキープできるようになります。



簡単な動きだと音をしっかり聴く余裕が持てるので、リズムに合わせて動くことだけでやく、曲を聴く力を養う練習になります。



また、リズムキープの練習に役立つ便利な無料アプリがあります。



Androidなら「手拍子リズムトレーニング2」を使えば、メトロノームの音と手拍子が合っているかを画面で確認しながら練習ができます。



iPhoneは「TrueMetronome Lite」を使えば、リアルなメトロノームで練習ができます。



リズムを取る音がわからない



dc11-3.jpg


曲を聞いてもどの音で、どのタイミングでリズムをとればいいのかわからず、結果的に曲と自分のリズムが全く合わないタイプ。



これは、リズムを取るのに何を目安にすればいいのかわからず、何となくの感覚でリズムを取ってしまっています。



まずは曲にある一定のリズムを探すことから始めましょう。



普段よく聞く曲は歌詞やメロディが入っているので、メトロノームのようにリズムを取る音がわかりにくいですが、曲のリズムを見つけるコツがあります。



それはドラム音をよく聞くことです。



言ってしまえば、どの曲もメトロノームの音がドラム音に変わるだけなので、曲にあるドラムの音を意識すると、自然と曲のリズムが掴めるようになります。



すべてのドラムの音を聴くと混乱するので、特に強い音は表拍のリズムを刻むので、そこを意識すると曲のリズムが掴みやすいです。



歌詞を追おうとリズムがわからなくなったりズレてくるので、ドラムの強い音に集中しましょう。



リズム感トレーニングに使える曲を紹介



最後に、リズム感トレーニングに向いている音(曲)を添付しておくので、リズムを見つける練習に使ってくださいね!



【リズムだけ/ちょい早なテンポ】
※ 少しずつ色んな音が増えていきます

【Ol' Dirty Bastard feat. Kelis-Got Your Money/ちょい早なテンポ】


メトロノームでリズム取りに慣れたら、まずは音がシンプルなリズム(音)だけのものでリズム探しの訓練をしましょう。



慣れたら、徐々にダンス曲やあなたの好きな曲で練習をしましょう。
2曲目はテンポが一定でドラム音がはっきりしているのでリズム取りに最適です。



その他のおすすめのダンス曲はこちら↓
ダンス練習向け紹介していますが、どれも曲調がゆっくりでリズムを取りやすいですよ!
>>初心者でもリズムが取りやすい!ヒップホップダンスの練習曲



まとめ



リズム感を鍛えるために、普段から音楽を聴いて体を揺らしたりリズムに乗るだけでもOKですが、カウントを口に出しながら手拍子をすることで、よりリズムを意識しやすくなります。



テンポの速い曲だとカウントやリズム取りが難しいので、まずはメトロノームに合わせてリズムを取ることから始めましょう。



ダンスのカウントの数え方と用語の解説

dc15.jpg


ダンスのカウントの数え方は音楽と違って少し特殊です。



ここでは、ダンスでよく使われるカウントの数え方や用語の意味を解説します。



ワンエイト(8カウント)で一区切り



c1.png


音楽の場合は、4拍で一区切り(1小節)ですが、ダンスの場合は8拍で一区切り(2小節)です。



1(ワン)2(ツー)3(スリー)4(フォー)5(ファイブ)6(シックス)7(セブン)8(エイト)、1から8までの8カウントを1セットとし、ダンスではこのカウントの数え方をワンエイト(8×1)と表現します。



ダンスはこのカウントに当てはめて振り付けを作って踊ります。



16カウントの場合は、ツーエイト(8×2)、24カウントの場合はスリーエイト(8×3)、32カウントの場合はフォーエイト(8×4)となります。



c2.png


曲にもよりますがカウントを数えてみると、8×2や8×4でメロディーが変わったり、サビに入ったりと曲が変調することが多いです。



実際にカウントを数えながら曲を聴くとよくわかるので、EXILEのLOVERS AGAIN(Short version)を参考にカウントを数える練習をしてみましょう!



洋楽にしようか迷ったのですが、曲調がゆっくりで聞きやすいと思ったので邦楽にしました。(^^)





※51秒から曲が始まります。下の秒数を参考に「ワンツースリーフォー」と数えてみてください。慣れてない人は「イチニーサンシー」でもok!

52秒〜イントロ「ツーエイト8×2」
1分01秒〜ATSUSHI「フォーエイト8×4」
1分22秒〜TAKAHIRO「フォーエイト8×4」
1分43秒〜サビ(ATSUSHI)「フォーエイト8×4」
2分04秒〜サビ(TAKAHIRO)「フォーエイト8×4」


僕の場合は、カウントを紙に書き出すときは「8×2」より「88」と数字を書いて、そのカウント内にある曲の情報(歌詞やリズムなど)を書いて、振り付け作りをしていました。(長い振り付けの場合)



これはいわゆるカウント表と呼ばれるもので、料理ならレシピ、音楽なら楽譜のようなものです。



振り付けは曲のカウントに動きをつけるので、カウント表を作ることで曲がどのような構成になっているかを把握できます。



オンカウント(オンビート)



オンカウントとは、表拍・表のリズム取りのことです。



1(ワン)2(ツー)3(スリー)4(フォー)・・と数える部分を、オンカウントと呼びます。



【予備知識】

  • 8ビートとは?

8ビート(エイトビート)は、1(ワン)2(ツー)3(スリー)4(フォー)と、カウントが数えられる部分をビートと言い、ダンスだと表のカウント部分でリズムを取ることです。



エンドカウント(エンドビート)



c3.png


エンドカウントは、裏拍・裏のカウント・裏どりと呼ばれるものです。
エンカウントやアフタービートとも呼ばれます



&(エン)1&(ワンエン)2&(ツーエン)3&(スリーエン)4&(フォーエン)・・と、拍と拍の間にある&(アンド)部分がエンドカウントです。



【予備知識】
  • 16ビートとは?

16ビートは8ビートの倍速で、&(エン)1&(ワンエン)2&(ツーエン)3&(スリーエン)4&(フォーエン)と、表と裏のカウント部分でリズムを取ることです。



カウントとリズム取りについて簡潔に解説している参考動画




まとめ



カウントの数え方やダンス用語は最初は混乱するかもしれませんが、覚えてしまえば簡単です。



カウントを取りながら踊るクセを付けて、少しずつカウントの取り方に慣れましょう。



自宅で学べる!ヒップホップダンス情報

top1.png

ヒップホップダンスの基礎完全網羅!
独学でも安心のわかりやすい丁寧な解説プロによる強力なサポート付きで、本格的にヒップホップダンスが自宅で学べる!!

>>全額返金保証付き!超効率的にヒップホップダンスを始める方法はこちら


ダンスの上達法・練習法
ダンスの入門・基礎
キッズダンス
ステップ・技の解説
30代・40代のダンス
ダンス衣装・ファッション
ダンスの準備・グッズ
ダンススクール
体のケア・筋トレ
ダンスの曲
スゴ技!ダンサー動画集
ダンスの疑問を解決
役立つ豆知識
プロフィール
kao.jpg
名前:とっしぃ
ダンスが趣味♪興味を持ったのは中学のときで、自由気ままに独学でヒップホップダンスを開始!一応、専門学校のダンサー専攻に在籍していました(^^)vいろんな経験を生かしてこれからダンスを始めたい初心者さんの役に立つサイト運営を目指しています!
検索ボックス
 
Copyright © 挫折しない!ヒップホップダンスが独学で上達する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます