カテゴリ:ステップ・技

目が回らない!ダンスのターンがうまくなる5つのコツ

dc21.jpg


ターンはダンスの基本ですが、軸が作れずにキレイに回れなかったり1週回りきれなかったりと、初心者にとっては意外と難しいテクニックです。



連続ターンやターンに慣れていない初心者は必ず目が回るでしょう。(^o^;)

目が回るのは、三半規管への影響が大きいからですが、目を回さないコツがあります。



クルっときれいにターンができれば、あなたのダンスもさらにグレードアップ!



ジャズやバレエなど、ダンスジャンルによってターンの形が変わりますが、基本は同じ!
ここではターンがうまくなる方法や軸を作るコツを紹介します!



ダンスにあるターンの種類は2つ



キックしながらターンをしたり、ジャンプしながらターンをしたりと、ターンのバリエーションは沢山ありますが、大きく分けて2種類のターンがあります。



それが、片足ターンと両足ターンです。



片足はつま先を軸として回転するターン、両足はクロスターンと言って足を交差させてつま先とかかとを軸にして回ります。



とくにクロスターンはダンスでよく使われてますね。



どちらかと言うと、両足ターンの方が難易度が上がります。

クラブステップのように、両足ターンは足の重心をつま先とかかとに乗せるので、足の使い方が複雑なんですよね。



クラブステップについてはこちら
>>一日でマスター!ヒップホップの基本ステップ



ターンが回れるようになる5つの練習ポイント



片足ターンと両足ターンに共通する練習ポイントは5つあります。
誰でもできるので実践してみてくださいね!



腕を使う



dc21-1.jpg


どんなターンも、準備姿勢で腕を回転する方向と逆の方向にひねることが多いです。

腕をつけなくても回れますが、バランスが取りやすくなります。

腕を使ったら、スケートのように腕を軽く胸の前で曲げるなど、バランスがとりやすい位置を見つけましょう。



力みすぎない



dc21-2.jpg


初心者は回るときに全身に力が入ってカチコチになっていたり、肩に力か入って肩が上がっていることが多いです。

ターンは力みすぎるとバランスが崩れてしまいます。

肩をまっすぐにして、腕が上がらないように意識しましょう。



軸を作る(姿勢を崩さない)



dc21-3.jpg


姿勢が悪いと、体が前に倒れたり後ろに反れたりするので軸がブレてしまいます。

また、頭が前や後ろに倒れると重心も傾くので軸が取れなくなってしまいます。

軸を意識するために頭のてっぺんからつま先まで一本の棒が通っているイメージを持ち、胸を少し引き上げて回りましょう。

ターンでは足元を見てしまいがちなので、目線が下向きにならないように注意!


姿勢キープや軸足の強化はこちら
>>重心のズレは致命的!ダンスで体重移動をスムーズにする3つのコツ



接地面は広くとりすぎない



dc21-4.jpg


回っているときに、足が接地している面積は狭いほうがいいです。

コンパスやコマなどをイメージするとわかりやすと思いますが、接地面が広いと地面と軸足とに大きな摩擦が生じてうまく回れません。

つま先やかかとを意識してベタ足にならないように注意!

片足ターンの場合は、しっかりつま先で軸をとる、両足の場合は、つま先とかかとでバランスを取り、交差させる足の置き場所に注意しましょう。



顔を残す



dc21-5.jpg


体の回転と同時に顔がついていかないようにターンすると目が回りません。「顔を残す」とか「顔をきる」と言われます。

具体的には、回転するときに一つの視点を定めて、体を回転させながらぎりぎりまでその点を見続け、最後に一気に頭を回してその点を見る。

顔を残すときに頭が傾かないように注意!

顔を残すことで目が回りにくいだけでなく、キレが増してターンの見映えもよくなります。



ターンが上手くなる方法の補足



■ かかとで止まる


これはターンが上手くなるコツとゆうより、最後の決めポーズでターンをして止まる時にブレないコツです。

ピタッと静止するためには、ターンをした後でかかとに体重をかけて止まるとブレません。

つま先だけでバランスを取ろうとすると左右にブレやすいです。



■ 両足(左右で回転)でできるようになる


利き足や得意な方向でターンができるようになったら、逆回転も練習しておきましょう。

踊りたい振り付けが必ずしも得意な方向で回るわけではないし、左右で回れるようになるといろんなダンスを踊る上で非常に役に立ちます。



動画で学ぶ!ターンがうまくなる秘訣



ターン練習の参考動画を2つ紹介します!



片足ターン





動画の1:33から解説がある軸を強くする練習ですがこの練習は結構重要です。



tn1.jpg


ポイントはしっかり片足に体重を乗せて足を引き付ける(このときにお尻をキュッとしめる)こと!
体がフラつかないようにしましょう。



僕はストリートジャズの練習でよく取り入れていましたが、ターンでの軸の意識と体重を乗せる感覚が掴めますよ。

バレエのパッセ(片方のつま先をもう片方の膝の位置まで引き上げる)と似ていますね。



クロスターン(両足ターン)





動画の3:14から解説があるターンの方法は初心者でも簡単です。



tn2.jpg


両手で作った円を見上げながらターンするのは、姿勢を崩さずターンできるようになるための画期的な方法!



姿勢が安定して1周回りやすいので、ターンの感覚を掴みやすいですよ!



最終目標!?ターンは3回できたら激やば!



ヒップホップダンスの振り付けでダブルターン(2回転)は稀にありますが、3回以上はなかなか回る機会がありません。



なので、回れなくてもまったく問題なし!(^^)笑



ですが、ソロパートなどでターンが3回できると「おっ!あいつ凄い!!」ってなるので、ぜひともチャレンジしてみてください。



2回転でもけっこう驚かれるので、ダンスの脱初心者を目指すなら2回転、それ以上はお好みで練習してくださいね♪



1回転や2回転のターン練習は、回るというよりもしっかりと軸を感じて立つということを意識した方が回りやすいです。



2回転以上は軸+勢いが必要なのでバランスを取るのが難しくなりますが、姿勢や軸を意識することは同じ。

1回転に慣れたら2回転、さらに上級者を目指すなら3回転をマスターしましょう!( ̄▽ ̄)



まとめ



初心者は、まずは1回転ができるようにひたすら練習あるのみ!
曲によってゆっくりターンをしたり早くターンをしたりと変わるので、どんなスピードでもキレイに回れるようになりましょう。



ターンはコツを掴めば簡単にできるようになります。

僕は軸と顔を残すことを意識したおかげで、格段とターンがやりやすくなりましたよ!



最初はゆっくりで練習して、少しずつスピードアップしてターンに慣れてくださいね。



女性でも簡単!ダンスが盛り上がるアクロバットな技

dc34.jpg


アクロバットというと、体操選手のようにバク中をしたり、身体をひねって空中回転するような技を思い浮かべると思います。



でも、こういった技は高い身体能力が必要で、危険性が高いので単独での練習も難しいです。



ヒップホップダンスの場合、立ち踊りが中心なので体操選手のようなアクロバットはあまり必要ないのですが、ダンスでよく使われるアクロバット技(フロアー技)があります。



ここでは女性でも比較的簡単にできる技を3種類紹介します!



激しい動きは靴紐がとれやすいのでチェックはお忘れなく!
>>わずか2秒!ダンスシューズの靴紐が取れない結び方



アクロバットの入門「シフト」



シフト(別名キックバック)は、床に手をついて片足を振り上げる技です。



一見シンプルな動きに見えますが、かなりダイナミックな技なので、ヒップホップダンスの見せ場でよく使われたりします。



怪我のリスクが低く、アクロバットな技の入門に最適ですよ!



シフト/キックバックのやり方






sft1.jpg

@両手を後ろについて座った状態から右足振り上げる
(左右どちらでもできるようになりましょう。最初はやりやすい方で行います)
A振り上げた脚を振り下ろして元の姿勢に戻る


シフト/キックバックのコツ



  • 姿勢

sft2.jpg

しっかり身体を支えるために、手の指を外に向きすぎないようにする(指を横向きや自分に向ける)

準備姿勢で脚が開きすぎると脚力をうまく使えないので、やや閉じ気味の姿勢がやりやすいです。



  • 腰を沈める

sft3.jpg

足を上げて下ろす時に、腰の体重移動(上げ下げ)ができないと起き上がれません。

起き上がるためには、しっかり腰を沈めて、肘のバネを使って押し上げます(腰と肘の押し上げのタイミングを掴みましょう)



  • 足を大きく使う

sft04.jpg

起き上がるときに(上げた足を下ろすとき)、足を下げる動作が小さいと態勢が崩れてしまいます。

足を下ろすときに、骨盤を出すように意識して、脚で弧を描くようになるべく脚を大きく振り下ろすと起き上がりがスムーズです。



【注意点】

手首の柔軟性がないと手首を痛める可能性があるのでストレッチをお忘れなく!

また、起き上がるときに使う肘の曲げ伸ばしは二の腕に利くので、引き締め効果がある反面、筋力のない女性は痛めやすく筋肉質になりやすいです。



大迫力な「ドルフィン」



ドルフィン(別名シャチ)は、手をつき、片足をシュッと上げて床になめらかに沈む躍動感あるフロアー技です。



見た目以上に上半身の筋力を使うので、そこそこハードです。(^o^;)



最近はダイブと呼ばれることもあり、ブレイクダンスやハウスダンスでよく使われています。



ドルフィン/シャチのやり方






df1.jpg

@立った状態から倒れるように床に両手もしくは片手をつく
A右足を上げて頭、胸、腰となめらかに床に沈む


ドルフィン/シャチのコツ



  • 腕立てを意識

df2.jpg

腕立て伏せの要領で、頭→胸→腰と順に倒して、動作のコツを掴みます。

完全に床に頭やお腹がつかないように、しっかり腕で支えてください。



  • 頭を下げる

df3.jpg

頭と足の高低差があるほど、迫力が出てかっこよく決まります。

床に手を付くときに、上半身(頭や胸)が高い位置にあると、足があがらず汚く見えてしまうので頭しっかり下げることで、キレイな形になります。

さらに、頭を下げて沈むときに、上げた足をあまり曲げずに伸ばしてあげると、見た目が美しくより滑らかに見えます!



【注意点】

ドルフィンは足の柔軟や筋力が少し必要です。

柔軟性がないと見映えが悪くなり、筋力が弱いと、腕で支えられずにお腹が床についてしまったり、頭を強打してしまうので、開脚のストレッチや腕立て伏せをして筋トレをしてください。

また、動画のように、両足を浮かせる形(逆立ちの状態から入る方法)は腰を痛めやすく難しいので、まずは、足を床には付けて低めの姿勢からドルフィンができるようになりましょう!



初心者向けのバク転「マカコ」



マカコは、座った状態からバク転をする大技です。



ど派手な技なのでこれができると盛り上がること間違いなし!



低い位置から常に手をついているため衝撃が軽く、通常のバク転と比較するとかなり安全です。
※ バク転よりは安全ですが、怪我には要注意



マカコ/アラビアンのやり方






mk1.jpg

@座った状態で床に右手をつく
(左右どちらでもできるようになりましょう。最初はやりやすい方で行います)
A右手を軸に左手を振り上げて両足で同時に跳んで後ろに回る


マカコ/アラビアンのコツ



  • 手の付く位置

mk2.jpg

回るときに、自分の身体と近づきすぎると、手に体重が乗り切らず、体に手がぶつかって回れません。

体から少し離した場所に手を付きましょう。



  • ジャンプするときの姿勢

mk3.jpg

手をついて回るときに、腰が下がった状態でジャンプすると姿勢が悪くなり、足から肩へ体重移動ができず回りきれません。

ジャンプの姿勢は体を反って腰を上げて、肩にしっかり体重を乗せることを意識すると、勢いなしで自然と回りきれます。
(画像の姿勢でつま先立ちになる時に軽くジャンプして、肩に体重を乗せるタイミングを掴む練習をしましょう)



  • 恐怖心を和らげる

mk4.jpg

恐怖心が強いと体勢が崩れて倒れてしまうので危険です。

最初は無理に回ろうとせず、手を斜めについて、小さく側転をするようにして少しずつ後ろに回る恐怖心を減らしましょう。

側転から少しずつバク転の形に近づけていくと、後ろに回ることに慣れていきます。



【注意点】

マカコは肩や腰など柔軟性がある方が早くマスターできます。

柔軟性は女性の方が有利なので、男性は体が硬い人が多いと思いますが、ある程度は筋力でカバーできます。

ただ、力任せに無理な体勢で回ろうとするとケガに繋がるので要注意!

マカコは回るときの姿勢が似ているブリッジの練習をするといいですよ!



基本形をマスターしたらワンランク上にチャレンジ!



シフト、ドルフィン、マカコにはもう一つのやり方(応用編)があります。



  • シフトは両足を上げるダブルシフト
  • ドルフィンは飛び込んでやる方法(飛びシャチ)
  • マカコは片手だけで回る方法


ダブルシフトは肘のバネを使わなかったり、ドルフィンやマカコは負荷が強く、ある程度の技術(コツ)が必要なので、通常のやり方とは少し違って難易度もグンと上がります。



まずは正しい形でそれぞれの技を覚えることが先決なので、ここでは言葉だけの紹介にしておきますね。



特にダブルシフトは、ダンス上級者がよく振り付けに入れたりしているので、覚えておいて損はありませんよ!



筋力に余裕がある人や基本の形をマスターした方はチャレンジしてみて下さい(^o^)



まとめ



3つのアクロバット(シフト、ドルフィン、マカコ)は、ムキムキの筋力が必要だったり、何ヵ月もかかるような技ではないので、アクロバット初心者でも取り組みやすいです。



ただ、ケガ予防のために、ストレッチや広い場所を確保するなど、安全性を考慮して練習して下さいね!



一日でマスターできる!ヒップホップダンスの基本ステップ

d27-0.png


ヒップホップダンスには、代表的な技やステップがいくつかあります。



その中でもヒップホップと言えば欠かせない王道ステップがあります。
ここで紹介するステップは初心者向けの軽めのステップなので、自宅練習に最適ですよ!



ダンスでよく使うターンも基本のひとつ!やり方やコツはこちら
>>ダンスのターンがうまくなる5つのコツ



超ど定番のステップ「ランニングマン」



ランニングマンはヒップホップダンスの中で最も知名度が高く、ダンスを始めてまず最初に覚えるテッパンのステップです!



最初に「軽めのステップ」と書きましたが、ランニングマンは慣れていないとバタバタしてしまうので、自宅(部屋)だとちょっとうるさいかもしれません。



その名の通り、ランニングマンとはまるで走っているかのように大きくリズムをとるステップ。



3代目J SOUL BROTHERのRYUSEIで流行りましたね!



とても躍動感があり、応用しやすく個性の出やすいステップです。



ランニングマンのやり方






run01.jpg

@右足を上げる(左足が軸)
A上げた右足を真下に下ろすと同時に左足を後ろに引く
B左足を引き上げる(右足が軸)
C上げた左足を真下に下ろすと同時に後ろに右足を引く
※@ABCの動作を繰り返す


ランニングマンのコツ



  • 足を上げる

run3.jpg

右足を軸に左足を上げるときに、膝からしっかり上げげないと迫力がなくなるので、膝の高さに注意しましょう。



  • 足を床に着地させる

run2.jpg

(右足を軸にした場合)左足を後ろに引いたときに引いた足をが浮いてしまう人が多いので、浮かさずにしっかり床に着地させてから次の動作(右足を軸に左足を引き上げる)を行いましょう。
(やり方の解説にあるAからBの部分)



幅広く使える「クラブステップ」



クラブはカニのことで、つま先とかかとを使って左右に移動するステップ。



ランニングマンと同じくらい定番のステップで、応用しやすく幅広く使えます。



足首をコントロールして、日常生活では使わないような足の使い方をするので、慣れるまで少し大変かもしれません。



クラブステップのやり方






crb01.jpg

@右足のかかと、左足のつま先を使って内股になる
(画像は左移動ですが右に移動する場合は逆)
A内股の状態から左にハの字(がに股)で足を開く
B元の状態(内股)に戻す
※@ABを繰り返して左右に移動する


クラブステップのコツ



  • 膝を開く

c3.jpg

内股の状態かハの字(がに股)で足を開くときに、足首だけで左に開くと動きが小さくなります。

八の字になるときに膝をしっかり開いて下にリズムを取る(ダウン)



  • 体を斜めに向ける

crb2.jpg

足を八の字に開いて移動するときに(画像は左に移動)、真正面を向いたまま下にリズムを取るのではなく、体を少し斜めにして、内側に軽くひねると上手く見えます。



おしゃれなステップ「チャールストン」



器用につま先を使って前後に動くステップ。



嵐やSMAPなどのジャニーズの振り付けでよく使われています。



足の使い方がクラブステップと少しにていますが、チャールストンの方が簡単なので楽にマスターできますよ!



チャールストンはまだあまり踊れない初心者でも、これができるだけで雰囲気が出るおしゃれなステップです。



チャールストンのやり方






ch2.jpg

@軽くつま先立ちになり、16ビート(その場で軽く弾む)を刻む
A16ビートを刻みながら、かかとを内→外→内→外に動かす
Bその状態(Aの状態)で足をクロスして前後に移動する
※画像は前に足をクロスして前進


チャールストンのコツ



  • 足の使い方に慣れる

ch1.jpg

軽くつま先立ちになり、その場で16ビートをキープしながら、かかとを内→外→内→外に動かして、足首の動作やリズム取りに慣れましょう。

※チャールストンはかかとを浮かしているので、長時間やると確実に脹ら脛の筋肉痛になります。
夢中になってやりすぎないように注意してくださ。(笑)



  • 下でリズムを取る

ch3.jpg

足を前後にクロスさせて移動するときに、床にかかとがつかないようにつま先をあげた状態で、膝を使ってしっかりダウン(下に沈む)します。

小さな動きにならないように、つま先や足首を使ってかかとを内→外→内→外に大きく動かす意識をしましょう。



基本をマスターしたら応用を取り入れよう



dc27-1.jpg


それぞれのステップには、基本の形だけでなく、応用(ダンサー独自のオリジナル)があります。



たとえばクラブステップなら左右に動くのが基本ですが、前後に進んだりと応用させることができます。



また、リズムの取り方だけでも全く違う動きになるので、アップとダウンの両方のリズム取りでできるようになりましょう。



いきなり応用ステップから練習せずにまずは基本の形をしっかり覚えて、余裕が出てきたら応用ステップに取り組みましょう。



いろんなダンサーのステップを真似するのもいいし、あなた独自のオリジナルのステップを考えるのも楽しいですよ!



ヒップホップダンスの基本ステップだけでなく、よく使われるアクロバットな技もあるので要チェック!
>>女性でも簡単!ダンスが盛り上がるアクロバットな技



自分の好きなステップを優先すると覚えやすい



ヒップホップダンスはストリートダンスの中で最も基本ステップの数が多く、ここで挙げたステップ以外にも無数のステップがあります。



基本ステップといっても、複雑なステップがあったり似たようなステップがあるので、ややこしくて最初は覚えるのが大変です。



基本ステップを全て覚えようとすると頭が混乱して間違った形で覚えてしまうので、「このステップかっこいい!」とあなたが感じたものを優先して練習しましょう。



好きなステップができるようになると嬉しいし、名前とステップを覚えやすいですよ!



ステップ単体でできるようになったら、覚えたステップを組み合わせたり、振り付けに取り入れて練習してくださいね。
>>たったの3ステップ!初心者でもできる振り付けの作り方



まとめ



紹介したヒップホップダンスの基本ステップは、ダンススクールの初心者クラスや初心者向けDVDでも必ずレクチャーされる王道ステップです。



初心者にとっては足運びが難しいステップもありますが、頑張れば1日でマスターできますよ!



ここで紹介したステップは、アーティストの振り付けによく取り入れられているので、振り付けが格段に踊りやすくなります。(^_^)




自宅で学べる!ヒップホップダンス情報

top1.png

ヒップホップダンスの基礎完全網羅!
独学でも安心のわかりやすい丁寧な解説プロによる強力なサポート付きで、本格的にヒップホップダンスが自宅で学べる!!

>>全額返金保証付き!超効率的にヒップホップダンスを始める方法はこちら


ダンスの上達法・練習法
ダンスの入門・基礎
キッズダンス
ステップ・技の解説
30代・40代のダンス
ダンス衣装・ファッション
ダンスの準備・グッズ
ダンススクール
体のケア・筋トレ
ダンスの曲
スゴ技!ダンサー動画集
ダンスの疑問を解決
役立つ豆知識
プロフィール
kao.jpg
名前:とっしぃ
ダンスが趣味♪興味を持ったのは中学のときで、自由気ままに独学でヒップホップダンスを開始!一応、専門学校のダンサー専攻に在籍していました(^^)vいろんな経験を生かしてこれからダンスを始めたい初心者さんの役に立つサイト運営を目指しています!
検索ボックス
 
Copyright © 挫折しない!ヒップホップダンスが独学で上達する方法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます