ダンスを習いたい初心者向けのチェックポイント

ダンスを習いたい!通う前のチェックポイント

ダンスを習いたい人

ダンスを習いたいけど不安・・
社会人で習いたいけど迷っている・・

 

そんなあなたに、ぜひチェックしてほしい10のポイントをまとめました!

 

大人(社会人)から子供まで、ダンス経験が浅いもしくはゼロの初心者でも「こんな人はダンススクールに向いてるよ!」という特徴や「ダンスを習うか判断するためのチェックポイント」を紹介します。

ダンスを習いたい時の要チェックポイント

あなたが初心者でダンスを習うか迷っているなら、10のチェックポイントが一つの目安になります。

 

全てクリアして欲しいですが、いくつ当てはまっているかチェックしてくださいね!

 

キッズダンス(スクール)の問題点はこちら
>キッズダンスで勃発!親同士のトラブル対処法

 

1.すでにダンス経験がある!

ダンススクールは、どちらかというと、ダンスが初めてというより、ダンス経験がある初心者向けの場所です。

 

レッスンは進行が早く、一からゆっくり基礎を教えることも稀。

 

最近ではダンス未経験向けのクラスも増えていますが、まだまだ少なく、ダンス経験ゼロの人にとってはハードルが高く、挫折しやすい環境です。

 

2.複数のレッスンを体験(見学)済みだ!

ダンススクールの特徴をあまり知らないまま入ると、

 

「レッスンが厳しすぎる」
「人数が多すぎて上達する気がしない」
「男が少なすぎる」
「年代が若い」

 

など、理想と違って後悔することはよくあります。

 

ダンススクールによって、生徒のダンスレベルや雰囲気などがまったく違い、実際に体験や見学をしないと、どんなレッスンなのかがわかりません。

 

1ヶ所だけでなく、複数のレッスンを体験(見学)して、自分に合うスクールかをチェックしましょう。

 

事前に、どんな生徒がいて、どんなインストラクターで、どんなレッスンなのかがわかっていれば、不安も軽減されます。

 

地方だとダンススクールが少ないので、比較するのは難しいですが、体験や見学をして自分に合うと感じたスクールなら通ってみましょう!

 

3.ダンス経験はないが基礎ならできる!

ダンス経験が浅くても、基礎ができたり、簡単な振り付けくらいなら踊れる場合は、初めてのレッスンでも馴染みやすいです。

 

これは僕も経験済み!
(独学でダンスを始めてダンサーの専門学校に入学)
少しでも基礎や振り付けが踊れると、明らかにレッスンで浮くようなことはないです。

 

まったくダンスを知らないままでは、よほど丁寧な指導をしてくれるレッスンではないと、レッスンについていけないし、置いてけぼりになって相当キツイと思います。

 

無理なくダンススクールに通うために、最低限の基礎くらいは練習しておくことをオススメします。

 

4.自宅から通える範囲内にある!

家とダンススクールの距離はなるべく近い方がいいです。

 

遠方にあると、それだけスケジュール管理も厳しくなるし、通うのが大変です。

 

自宅から無理なく通える距離にあった方がダンスを続けやすいです。

 

5.多少の出費は惜しまない

レッスン費用だけでなく、年会費、イベント費用などレッスン以外の費用も必要です。

 

ダンススクールによって料金はバラバラですが、高額なところもあるので、何にいくらかかるのか、確認しておきましょう。

 

ダンススクール費用
>出費が多い!?ダンススクールにかかる費用の相場

 

6.時間に余裕がある

ダンススクールのレッスンは、ジャンルやインストラクターで曜日と時間が決められています。

 

学業や仕事と両立させるために、あなたのスケジュールで、確実にレッスンを受けられる時間帯や曜日の確保ができるなら問題なし!

 

学生ならまだ融通が効く部分がありますが、社会人の場合は、繁忙期で仕事が忙しかったり、急遽、残業が入ったりしてレッスンに行けないこともあります。

 

たとえ週2のレッスンだとしても、毎週、継続的に通わないと成長できないし、行けない日が増えれば、これまでの時間もお金も無駄になってしまいます。

 

長期的に見て、ダンススクールに通う時間が確保できることは重要です。

 

7.好きなジャンル(スタイル)がある

たとえば、同じヒップホップでも、インストラクターによってスタイルがまったく違います。

 

あなたが踊りたいスタイルが習えるスクールならok!

 

ヒップホップダンスのジャンル解説はこちら
>日々進化!ヒップホップダンスの種類(スタイル)

 

8.明確な目標や目的がある!

ダンススクールに通う目的は人によって違います。

 

「プロダンサーを目指している」
「運動不足解消や趣味で楽しむため」
「レベルアップのため」

 

など、さまざまなあると思います。

 

あなたがレッスンを通じてどうなりたいのか、上達したり、途中で諦めないためにも、目的を明確にしておくことが大切!

 

ダンスが上達する人の特徴はこちら
>真似しよう!ダンスが上手くなる人の8つの特徴

 

9.一人でも平気!メンタルが強い!

初めてのダンススクールは、一人だと不安になるし、自分より上手い人ばかりの環境で、精神的に耐えられない部分も出てくると思います。

 

誰でも最初は下手ですが、やっぱり気まずいし過剰に気にしてしまいがちです。

 

ですが、好奇心旺盛な人、怖いもの知らずな人、一人でも平気な人は、自分がどうであれ、レッスンがどんな雰囲気でもやってけます。(笑)

 

また、初心者だと遠慮がちになりますが、社交性があったり、インストラクターや他の生徒コミュニケーションをとれる人は、スキルに関係なく、いきなりスクールに通っても馴染めると思いますよ!
(もちろんレッスンの雰囲気にもよりますが)

 

10.自分で練習できる環境がある

ダンススクールに通うだけでは、あなたが思い描く理想のダンスができるようにはなりません。

 

レッスンの時間内で習ったことを完璧にできるようにはならないので、自分で練習する必要があります。

 

自主練習で重要なのが正しい見本です。

 

自分で練習するにしても、見本がないと自分の間違いに気付けません。

 

ダンスは正しい形を身に付けないと意味がないので、ダンスDVDや動画など、正しい見本を用意して、自分で練習できる環境を確保しておきましょう。

 

>【動画付き】ヒップホップダンスの独学って何から?手順をやさしく解説

 

ダンススクールで僕が感じること

強い意思があるならダンスを習うのもアリ!

ダンス経験がない初心者でも「将来はダンサーになりたい!」「プロから厳しく指導してもらいたい!」など、強い気持ちがある人は、迷わずスクールへgo!(^-^)

 

ダンスは独学でもある程度のレベルになれるので、たとえ「プロを目指していても」いきなり無理して通う必要はありませんが、あえて厳しい環境に身を置きたい人もいると思います。

 

目的や意思が強いと、少々のことではめげずに根気強く続けることができます。

 

ただ、「あなたに合ったダンススクール選び」ができないと挫折の原因になるので、そこは注意してくださいね。

 

ダンススクール選びの注意点はこちら
>初めてでも失敗しない!ダンススクールの選び方

 

基本的に初心者は事前準備を!

早くレッスンに馴染めるように、ダンススクールに通うなら、下手でもいいからダンスに慣れておくと安心です。

 

あなたもそうかもしれませんが、これからダンスを習いたいとお考えの方は、趣味の範囲が多いと思います。

 

でも、ダンスレッスンは団体なので、あなたのダンスレベルに合わせたり、個別にあなただけを指導してくれません。

 

楽しいはずのダンスレッスンで置いてけぼりになったり、レッスンについていけず、自信がなくて無意味に傷つくこともよくあります。

 

ダンススクールって楽しそうだし、習いたい気持ちはよくわかりますが、焦って通う必要はありません。

 

少しでも不安があるなら、基礎くらいは身に付けて、ダンススクールに通う準備をしておいた方が身体的・精神的にも楽です。

 

ダンスの基礎の解説はこちら
>忘れてはならない!ダンスで重要な5つの基礎

 

僕も準備をしてから通いました!

僕は実質ダンス未経験の状態でいきなりダンスの専門学校に通いました。

 

まったく未経験ではないのですが、独学でダンスを始めたものの、ひたすら好きな振り付けを踊っていただけ程度のレベルで、基礎はそれなりに知っていました。

 

ですが、そのレベルでも基礎知識やダンスの動きに体が慣れていたおかげで、人生初のダンスレッスンに何となくですがついていくことができました。

 

身をもって事前予習しておくことは大切だと実感しましたね。(^^)

 

さいごに

ダンススクールに通うか迷っているなら、まずは体験や見学を利用しましょう。

 

個人的には初心者がスクールに通うなら、ある程度、準備をしておくつことをオススメします。

 

ほんのちょっとでもダンスに慣れておくだけで、ずいぶん違いますよ!

 このエントリーをはてなブックマークに追加